news

upcoming exhibiton

current exhibiton

past exhibiton

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
MORITAKAとシェア)(google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
(sharing the space with MORITAKA)(google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
佐藤明日香 Asuka Satow
須賀悠介 Yusuke Suga
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2008年01月02日

review:中ザワヒデキの全貌 -記号と色彩の絵画-《12/27、12/29》

中ザワヒデキの全貌 -記号と色彩の絵画-
Bunkamura Gallery
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
12/28(金)〜1/7(月)1/1休
10:00〜19:30(12/31、1/2、1/3:〜18:00)
中ザワヒデキ071228DM.jpg

The Entire Picture of Hideki Nakazawa - Paintings in Symbols and Colors -
Bunkamura Gallery
2-24-1,Dogenzaka,Shibuya-ku,Tokyo
12/28(Fri)-1/7(Mon) closed on 1/1
10:00-19:30(12/31,1/2,1/3:-18:00)
Google Translate(to English)



中ザワヒデキさんの各年代の作品が出品され、これまでの軌跡を俯瞰できる展覧会です。

あらためて、捕らえ所のないアーティストだなぁ、というのが第一印象、しかし、それぞれの作品のコンセプトに思いを馳せると、そこには確固たる新年というか、確信に基づいたクリエイティビティの匂いが充満しているような印象を受けます。


まず、オーソドックスな絵画が入口すぐのコーナーで目に飛び込んできます。
これがかっこいい!


中ザワヒデキ001


1963年生まれの中ザワさんの、今から20年少し前に制作された絵画群。
マティスを彷佛させる色彩やフォルムの作品や、チーズか何かのパッケージをコピーしたユーモラスな毒をはらんだ印象を受けるもの、そして、メタリックカラーが大胆に取り込まれた風景の作品と、ペインティングひとつとってもこれほどのバリエーションの幅の広さに感服です。

なかでもメタリックカラーの作品に興味が湧いてきます。
ここから先、実際に金属素材をそのまま作品に取り入れ、マテリアルを強調したような作品が出てくることを思うと、金属的なものへの傾倒はこのあたりから始まっていたのかな、という想像が起こります。


中ザワヒデキ004 中ザワヒデキ002 中ザワヒデキ003

中ザワヒデキ005



脳内混色絵画のシリーズ。
明るい赤、青、黄の矩形がグラフィカルにパネルを覆う作品。
クリアでグラフィカルなモチーフからドライな印象を受けるのですが、脳内では色の三原色によってグレーを認識するそうで、これらの作品も想像な距離をおいて眺めたらグレーに見えるらしい...。
例えば、どこかの屋上にこの作品を展示して、それを六本木ヒルズ森ビルの展望台から眺めたらホントにグレーに見えるのかな、見てみたいな、と。

もっとも、そういうコンセプトうんぬんを抜きにして、この鮮やかさが放つポジティブな風合いには心踊ります。


中ザワヒデキ007

中ザワヒデキ006



続いて、少し前のCGを用いた作品。
モノクロームの矩形のアミ点が拡大されたようなダイナミックな絵。
全像のイージーな感じと、矩形による計算されたような理知的な感触とのギャップがユーモラスに思えてきます。
また、広い画面が分割、印刷され、それぞれが貼られて組み合わせられているという、アナログな作業の痕跡も妙に印象的だったり。
「これでいいのか・・・?」という疑心が湧けば湧くほどに、「・・・だからいいのだ!」という確信も思い起こされるという、なんとも不思議なイメージの惹起をもたらしてくれます。


中ザワヒデキ012 中ザワヒデキ009

中ザワヒデキ010 中ザワヒデキ011

中ザワヒデキ008



ひたすら単語単位での回文が並ぶ作品。
アルファベットの羅列で、もしかしたらもっと緻密な法則性もあるのかもしれないのですが、わざわざ母音を挟み込んで音声のイメージが得られるようになっているのが心憎い(笑)。
読もうと思ったら読めてしまう、しかし相変わらず意味不明。このもどかしさにしてやられたような感触を覚えます。


中ザワヒデキ016

中ザワヒデキ015



アクリルケースに文字がびっしりとプリントされた作品も数点展示されています。
逆さまのひらがなの連なりと、複雑な漢字の羅列が繰り広げる究極の知的ファンタジー。
ちゃっかりサインと制作年が織りまぜられているのも魅力だったりします。


中ザワヒデキ018

中ザワヒデキ017



このほか、脳はドローイングや硬貨をつかったもの、分銅のミニインスタレーション的な作品などなど、さまざまなメディアの、敢えていうと「インチキ臭さ」と「考え抜かれた理知的な雰囲気」とがごちゃ混ぜになったような作品が並びます。
「だから何?」というツッコミが、逆にむしろ楽しさの要素となっているように思えるクリエイションです。


中ザワヒデキ020 中ザワヒデキ013 中ザワヒデキ014

中ザワヒデキ021



中ザワさんの経歴を拝見すると、医学部のご出身だそう。
アートを感じるひとつひとつの行為、例えば「観る」ことや「考える」ことへの独特のこだわりはこの辺りにもルーツがあるのかも、と思ったりします。

その独特のスタンスが強烈な「違い」を放つクリエイティビティ、今後どんな世界へと向かうのか、興味が月ないのです。


中ザワヒデキ019
posted by makuuchi at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック