news

upcoming exhibiton
current exhibiton
past exhibiton

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
Gallery Jinとシェア)(google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
(sharing the space with Gallery Jin)(google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
佐藤明日香 Asuka Satow
須賀悠介 Yusuke Suga
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2007年11月21日

review:阪本トクロウ展「呼吸」《11/3、11/15》

阪本トクロウ展「呼吸」
GALLERY MoMo
東京都港区六本木6-2-6
11/3(土)〜12/1(土)日月祝休(初日除く)
12:00〜19:00
阪本トクロウ11/3DM.jpg

Tokuro Sakamoto exhibition "Breath"
GALLERY MoMo
6-2-6,Roppongi,Minato-ku,Tokyo
11/3(Sat)-12/1(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
12:00-19:00
Google Translate(to English)



あらためて、ホワイトキューブがよく合うことを実感。


阪本トクロウさんのGALLERY MoMoでの個展です。


阪本トクロウ001


阪本さんの作品や展覧会は観続けているのですが、ホワイトキューブでの個展を拝見するのはギャラリー山口で初めて阪本さんの個展を拝見して以来、実に久し振り。
白い空間に白熱灯で明るい照明設定がなされた空間に展示され、いつになく明るい、爽やかな雰囲気が画面から発散されているように感じられます。


阪本トクロウ003 阪本トクロウ004

阪本トクロウ002


意識に入らない要素を削ぎ落とし、軽妙さと仄かに漂う孤独感とが滲む風景。
それと同時に、描かれるモチーフ、残されるもののディテールの細やかさにも目を見張ります。穏やかな支店の存在を感じつつ、阪本さんの作品が醸し出す淡いユーモアが印象的です。


阪本トクロウ008

阪本トクロウ009



おなじみのモチーフ、林のシルエット。
こちらの作品の色調構成のシンプルさと有機的な構図との面白さはいろんな阪本さんの作品のなかでも特別な感じがして印象的。

なんてったって、このワンポイントが嬉しい。
複雑に入り組んだシルエットのなかに一羽。


阪本トクロウ006


これを見つけるのが結構楽しい作業だったりします。


阪本トクロウ005



描かれる光景は、身近なものが多く取り上げられているにもかかわらず実にドリーミーで、静かです。
ノーグラデーションの空の淡いブルーやアスファルトのグレーなどを背景に、幾何学的な印象さえ受けるほどにクールに再現されるさまざまなシーン。
たったそれだけで、そこに込められる「心地よい孤独感」のようなものがふわりと漂います。


阪本トクロウ010 阪本トクロウ011

阪本トクロウ007



作品の精度から感じる「描くこと」への誠実さ。
穏やかな静謐感、大胆な省略から放たれる、安心感と緊張感。

観る人ごとに思い浮かぶイメージや蘇る記憶が違うだろうなぁ。そんな想像が浮かんできます。
観る人の数だけのイメージの広がりを持つクリエイションだと思います。


阪本トクロウ012
posted by makuuchi at 07:10| Comment(1) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念ながら そちらまで足を運べなかったのですが…
画像から会場の雰囲気が伝わってきて 実際にお邪魔した気分になりました。

阪本さんの作品は写真だけでなく 実物でも光の当て方で全く色味が変わってきて
感じが変わってしまいます。
掲載されている画像はきれいに色が出ている感じです。

切り取り方(視点)が独特で 押しつけがましくない作風が 見る側の自由な感じ方を誘う気がします。
何処かで見たような日常風景を入り口にして 自分の心の中・心象風景に入っていくようです。
心象風景ですから そのときによって感じるものも変わってきます。
作品を見るたびに (自分の中を?)旅しているような気になります。

個展には伺えませんでしたが こうして実際の様子を見せていただけてとても嬉しく思います。
また展示会を開催される折には たくさんの写真を見せてくださるようお願いいたします。



Posted by 沙羅樹 at 2008年04月08日 14:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67971305
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック