news

upcoming exhibiton

current exhibiton

past exhibiton

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2007年10月26日

review:J.P.ホル『FORGOTTEN』《10/18、10/21》

J.P.ホル『FORGOTTEN』
GALLERY ef
東京都台東区雷門2-19-18
10/19(金)〜11/4(日)火休
12:00〜21:00
J.P.HOL 10/19DM.jpg

J.P.Hol "FORGOTTEN"
GALLERY ef
2-19-18,Kaminarimon,Taito-ku,Tokyo
10/19(Fri)-11/4(Sun) closed on Tuesday
12:00〜21:00
Google Translate(to English)


イタリア在住のオランダ人アーティスト、J.P.ホルさんの個展です。
GALLERY efの心地よい落ち着きに満ちた静謐な空間で、1階はインスタレーション、2階では映像作品が展示されています。


事前のインフォメーションなどを拝見していて、今回の展覧会はずいぶんかわいいものになるのかなぁ、と予想していたのですが、実際に拝見するとむしろ大人の雰囲気が充満しているように感じられます。
もっというと、アバンギャルド。
この感覚は、ふと耳に届くトイミュージックは軽やかに心地よく感じられて和めるけど、そのミュージシャンの音楽をアルバム1枚分まるまる対峙したらかなり難解なイメージが膨らんで嵌まった、というのに似ています。


1階のスペース。
足を踏み入れた瞬間に、シュールな緊張感が迫ります。


J.P.ホル04


頭部のみがかわいらしいキャラクタリスティックな動物の顔に変えられた剥製によるインスタレーション。
華やかな羽を纏う鳥たちの美しい姿と頭部とのギャップは相当にシュールです。そのギャップを、射すようなスポットがぐんと引き立てています。

空間の中央に凛とした姿の雉。
ほか、巣を作るように壁のそこかしこに集まっています。
イージーな風合いと、剥製による究極のリアリティ。
さらには、これらがもともと生きていたことを実感させることも、この空間に広がるアバンギャルドな雰囲気に拍車を掛けているよう思えます。

いつも使う「かわいい」では表現できない感覚です。


J.P.ホル05 J.P.ホル03 J.P.ホル02

J.P.ホル01



2階の映像インスタレーション。
こちらでは、モニター3台で、それぞれ異なる映像が同時に上映されています。
最初は同じ映像が時間をずらして流れているのかなと思いきや、それぞれに異なるタイトルも付けられていて、曖昧ですが主役も違ったり、いなかったり...。


J.P.ホル09 J.P.ホル07 J.P.ホル08


さまざまな素材=で作られたキャラクターが登場するアニメーション。
ヨーロッパの街並を思わせる風景や暖炉のある部屋の内装など、和の空間とのギャップも映像作品のキャッチーな感触を引き立てます。


J.P.ホル11 J.P.ホル10


それぞれの作品の時間ほぼ同じ長さだと思われますが(数分です)、それぞれの画面に目をやりながら眺めていると、ひとつの作品にタイトルが現れているときに別の画面では物語が展開中というのが続くこともあり、エンドレスな物語が延々と綴られていくような錯覚を覚えます。
さらに、それぞれの作品の物語の時間の経過もよく思い返すとけっこう差があったりするのも、ここで体感する時間の歪みに影響しているかもしれないです。


J.P.ホル06


他、カフェスペースの壁面やショーケース、2階の壁の棚などにも作品が展示されています。
確かにアバンギャルドな印象を受けたのですが、同時にやっぱりほっこりと和める、後味も心地よい展覧会です。
ギャラリーに置かれている資料の中のホルさんへのインタビューも面白くて、読むとこちらのインスタレーションに込められたメッセージやイメージをより実感できるような気がします。
posted by makuuchi at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック