《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
静物2020/paper works
参加アーティスト:足立真輝、後藤勇治、坂本睦美、佐藤明日香、勢藤明紗子、
能條雅由、村尾里奈、村松英俊
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
9/12(土)〜9/27(日)月火水・9/17休(祝日開廊)
木金:14:00〜18:00、土日祝:12:00〜18:00
プレスリリース

Still Life 2020/paper works
artists: Masaki Adachi, Yuji Goto, Mutsumi Sakamoto, Asuka Satow, Asako Setoh, Masayoshi Nojo, Rina Murao, Hidetoshi Muramatsu
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
Sep.12(Sat)〜Sep.27(Sun) closed on Mondays to Wednesdays (Holidays are open, Sep.17 is closed)
Thusdays and Fridays:14:00〜18:00, Saturdays, Sundays and Holidays:12:00〜18:00


《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2007年04月26日

review:タムラサトル POINT OF CONTACT ―接点―《4/21》

タムラサトル POINT OF CONTACT ―接点―
Takuro Someya Contemporary Art
千葉県柏市若葉町3-3 TSCA KASHIWA
4/21(土)〜5/27(日)月火水、5/10〜5/12休・4/30開廊
12:00〜21:00
タムラサトル4/21青図.jpg



SPARK!!!

タムラサトル@TSCA 14


昨年のGallery Qでの個展や、今年最初のTSCAのショーケースなどで作品を拝見しているタムラサトルさんの、満を持してのTakuro Someya Contemporary Artでの個展に行ってきました。


入口を入るとまず、その吹き抜けのスペースでさっそく...






SPARK!!!

タムラサトル@TSCA 06


天井から吊り下げられた砲丸、その先に接点となる金属の棒が取り付けられ、床に置かれた円形の大きな金属板の上を揺れる砲丸が通過するたびにその先の棒が床面に接触するというダイナミックな作品がいきなり展示されています。


タムラサトル@TSCA 04 タムラサトル@TSCA 07

接点部分が接触するたびに、その傍に床置きされた電球が光り、瞬間の接触だとその灯りも一瞬灯り、砲丸の振幅が狭くなって円のなかを棒が引きずられるようになると煌々と明るく光ります。
その引きずられる棒の様子は、これだけ機能のみを追求された出で立ちの作品のなかにあって妙に有機的で、眺めているとだんだんと和んでくるから不思議。


タムラサトル@TSCA 02



階段を昇ると今度は、回転する接点が。
1分置きに回転と停止とを繰り返し、ふたつの円形の金属板に接触する瞬間とその内側を引きずるところで火花が散っています。


タムラサトル@TSCA 12 タムラサトル@TSCA 10


もちろんこちらにも電球が。
回転中、ぱんぱんに光を放ちます。


タムラサトル@TSCA 09


接触部分の「ジー」というノイズ、さらには接触面にぶつかる瞬間の「ガン!」というノイズもかなりのインパクト。
これだけ大掛かりでありながら、肝心なところが究極的にアナログなのがまた面白くて、愛嬌もあるように感じられるんです。


タムラサトル@TSCA 08



続く細長い空間では、Gallery Qでの個展にも出展されていたものをこの空間のために再構築された作品が。


タムラサトル@TSCA 20


要は全体を延長しただけではあるのですが、チェーンに引きずられて向こうまで行って還ってくるという単純な仕組みでありながら、その時間が心地良くて。


タムラサトル@TSCA 16 タムラサトル@TSCA 15


もちろん電球も。
ただ整然と並べてあるだけなのに、この姿にも愛着が湧いてきます。


タムラサトル@TSCA 18


棒が細長い板を引きずった痕も生々しく残ります。
こちらも例に漏れずアナログな仕組みですが、その単純な構造が醸し出すどこか不器用な感触が面白いんです。


タムラサトル@TSCA 13



最後のスペースでは小品が、壁と台とに並んで展示されています。
展示されている大きな作品のミニチュア版のような作品も。
そして、それぞれの設置部分が放つ火花は線香花火のようにちりちりと地味で、接地している時の「ヂー」というノイズも実に小さいのですが、それがまたかわいいんです。


壁掛けで、回転するディスク部分の接点に起こる火花。

タムラサトル@TSCA 21 タムラサトル@TSCA 22


吹き抜けのところに展示された作品のミニチュア版。
振り子の揺れがちょっとせわしなく感じるのもご愛嬌。

タムラサトル@TSCA 23 タムラサトル@TSCA 24


壁掛けで、階段を昇った最初のコーナーの作品のミニチュア版。
大きな作品ほどの派手さこそないものの。そこに起こる実に小さなスパークが何故かいとおしくて。

タムラサトル@TSCA 25 タムラサトル@TSCA 26


台上の作品で、先の曲がった接地部分が金属面を回転していて、その痕がくっきりと残っています。
小さな丸みを帯びたそのかたちは、絶妙な美しさを放っているように感じるのです。
そして、そこでスパークする小さな火花をよりクリアに見えるように、電球の灯りを遮る遮光板が取り付けられていて、それもまたなんともかわいらしい。。。

タムラサトル@TSCA 27 タムラサトル@TSCA 28


台上の作品、接地は回転するディスク。
このディスクはタムラさんの名刺代わりのユニークなクリエイションです。

タムラサトル@TSCA 29 タムラサトル@TSCA 30



タムラさんの今回出展された火花系の作品は、余計な装飾は一切なく、単純にスパークさせるための機能のみを考えて製作されていて、その潔さはホントに痛快です。
そして、例えば接触部分に取り付けられたラジエーターやある程度の可動範囲を確保するためのスプリング、ちいさな火花を見やすいように取り付けられた板など、その究極的なスマートさのなかにちょこちょとっと取り入れられるアイデアの面白さも見逃せません。

そうやって提示されるスパークの数々。
派手にバチンと弾けるものからチリチリと線香花火よりも地味なものまで、それぞれの一期一会の出会いも楽しく、エキサイティングでありながらほっと和める世界が繰り広げられています。


何より、このTakuro Someya Contemporary Artのたっぷりの空間でそれを体感できるのはホントにありがたいです。

たしかに都心からだとちょっと遠いですが、足を運ぶだけの価値があるエンターテイメントです!


タムラサトル@TSCA 17
posted by makuuchi at 09:28| Comment(0) | TrackBack(1) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

タムラサトル POINT OF CONTACT ―接点―
Excerpt: 千葉県柏市のギャラリーTakuro Someya Contemporary Ar...
Weblog: confidential memorandum of ogawama
Tracked: 2007-05-06 22:10