《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
井上七海 個展「EQUABLE 」
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
10/16(土)〜10/31(日)月火水休
木金:14:00〜18:00、土日:12:00〜18:00
プレスリリース
インスタレーションビュー

NANAMI INOUE SOLO EXHIBITION “EQUABLE”
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
October 16(Sat)〜October 31(Sun) closed on Mondays to Wednesdays
Thursdays and Fridays:14:00〜18:00, Saturdays, Sundays and holidays:12:00〜18:00
installation views

《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2007年04月25日

review:大森暁生展 −Lunatic Party−《4/21》

大森暁生展 −Lunatic Party−
新宿高島屋 10階美術画廊
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
4/19(木)〜5/1(火)
10:00〜20:30(4/21、最終日〜16:00)
大森暁生4/19DM.jpg


リニューアルオープンを迎えた新宿タカシマヤに新たにできた美術画廊。
こちらの画廊はこれまでの百貨店のなかにある画廊とは一線を画し、コンテンポラリーにも対応できる斬新な内装が素晴らしくて、作品のポテンシャルも十二分に引き出せ得ると思われるスペースとなっていて、まずそのことに驚き、かつ、嬉しくなった次第です。


そのこけら落としにフィーチャ−された大森暁生さん。
まさにオープニングショーにふさわしく、空間のシックな雰囲気やゆったりとした面積など、そのユニークさを存分に活かした至高のインスタレーションが展開されています。

多くの作品が、額装された鏡面に木彫が取り付けられ、まるでオブジェが宙に浮かぶような演出がなされています。このアイデアには、心底感服した次第。

入口ではたくさんの揚羽蝶が壁際を飛んでいます。
美しい羽の模様が木彫りで白い部分を抜くことで見事に再現され、黒のフォルムの妖しげな雰囲気が渋い木製の額と鏡面とによってさらに演出されています。


大森暁生14

大森暁生13


虚空を舞う、羽が付いた無数の黒い薔薇。


大森暁生15

大森暁生12


腹の付け根からそれぞれがそれぞれの長さで糸を出した蜘蛛の一群。
足の1本1本もリアルに再現され、それがずらりと並ぶ様子は壮観です。


大森暁生16

大森暁生17


アートフェア東京でも展開された「BAD LAND」。
暗めの照明も、妖しいムードを演出します。


大森暁生05 大森暁生06


この一角に設置された巨大なコウモリのオブジェ。抜群の存在感。
羽の間接部分の金具の臨場感もひときわ強く伝わってきます。


大森暁生04



展示スペースのほぼ中央には、ガラスのテーブルが。
そして、ここには巨大な古代魚が悠然とその姿を晒しています。
尋常でない迫力。鱗のひとつひとつ、鰭、顔のパーツなどが実に精緻に再現されていて、見応えも充分。


大森暁生09 大森暁生08


腰を屈め、その古代魚の姿をじっくりと眺め、その迫力を間近に感じると、時空を超えた世界へと心が誘なわれるような気分です。


大森暁生07


各所に配置された小品もステキです。
マスクにしても百合のオブジェにしても、それらが醸し出す優雅で幽玄な雰囲気が素晴らしいです。


大森暁生10 大森暁生11


いちばん奥の一角で展開されている羽ばたく鳥の一群を再現したインスタレーション。
これがホントに素晴らしい!

地上から眺めることしかできない空を飛ぶ鳥の姿。
その飛ぶ鳥の姿が、鏡面を用いることでホントに羽ばたいているように提示されています。
もちろん、それぞれの鳥は、広げる羽の雄大さも素朴な目もていねいに表現されていて、ひとつひとつを木彫作品として眺めていくだけでも感動が心に広がっていきます。


大森暁生03 大森暁生02


その作品がこうやってインスタレーションされ、その全体を俯瞰するとまるで飛行する鳥の一群のなかにいるような臨場感がリアルに伝わってきます。
この感動は、イマジネーションもぐんと押し広げ、ホントに気持ちいいんです。


大森暁生01



作品のひとつひとつで。
壁一面で。
そして、空間全体で。
さまざまな視点から楽しめる素晴らしい展覧会です!


posted by makuuchi at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。