《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
静物2020/paper works
参加アーティスト:足立真輝、後藤勇治、坂本睦美、佐藤明日香、勢藤明紗子、
能條雅由、村尾里奈、村松英俊
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
9/12(土)〜9/27(日)月火水・9/17休(祝日開廊)
木金:14:00〜18:00、土日祝:12:00〜18:00
プレスリリース

Still Life 2020/paper works
artists: Masaki Adachi, Yuji Goto, Mutsumi Sakamoto, Asuka Satow, Asako Setoh, Masayoshi Nojo, Rina Murao, Hidetoshi Muramatsu
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
Sep.12(Sat)〜Sep.27(Sun) closed on Mondays to Wednesdays (Holidays are open, Sep.17 is closed)
Thusdays and Fridays:14:00〜18:00, Saturdays, Sundays and Holidays:12:00〜18:00


《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2011年07月28日

review:コイズミアヤ展 組み立て/Overflow(コップの水があふれる様について)《7/23、7/26》

review:コイズミアヤ展 組み立て/Overflow(コップの水があふれる様について)《7/23、7/26》mirror

コイズミアヤ展 組み立て/Overflow(コップの水があふれる様について)
ギャラリー椿
東京都中央区京橋3-3-10 第1下村ビル1F
03-3281-7808
7/23(土)〜8/6(土)日休
11:00〜18:30
コイズミアヤ110723.jpeg

Aya Koizumi exhibition "Overflow"
Gallery Tsubaki
3-3-10-1F,Kyobashi,Chuo-ku,Tokyo
03-3281-7808
7/23(Sat)-8/6(Fri) closed on Sunday
11:00-18:30
Google translate


これまでも折に触れてコイズミアヤさんの作品や展示は拝見していますが、箱などに庭のような空間がこまやかに作り上げられる展開に加え、作品自体が畳めたり組み合わせられて直方体に収まるといった動かす要素にいっそうの巧みさが持ち込まれていて、それぞれの静かな佇まいを目にしているだけでもいったいどうなるんだろう、というワクワクするような高揚がもたらされるのがとにかく楽しく、嬉しいです。


コイズミアヤ_52.JPG

コイズミアヤ_51.JPG



カウンター側の大きめの台の上に並ぶ3点の作品。平らな板の上に枠が立つように乗っている造形で統一されていますが、それぞれ枠の左右の部分は閉まるようになっていて、巧い具合にひとつの箱へと収められるように作られています。


コイズミアヤ_50.JPG



それぞれの作品にはさまざまな要素が配され、階段や樋などの細やかな造形に魅せられるとともに、木目がほんのりと浮かんで残る程度に白く塗布されたことでそこにふわりと漂うやさしい気配に心がだんだんと落ち着いていくようでもあり...。眼前の滋味溢れる光景に静かに引き込まれ、その心地よさにしばし浸れます。


コイズミアヤ_49.JPG

コイズミアヤ_48.JPG コイズミアヤ_47.JPG コイズミアヤ_46.JPG コイズミアヤ_45.JPG

コイズミアヤ_44.JPG



要素のひとつひとつはこれまで発表されてきた作品にも登場してきたようなかたちが多くて、そのことが記憶をゆっくりと引き出してくれて、ゆったりとした時間に心を委ねていく感覚にも満たされます。


コイズミアヤ_43.JPG コイズミアヤ_42.JPG コイズミアヤ_41.JPG

コイズミアヤ_40.JPG



さらに、やはり遊び心というか、そこにもとより備わるやさしいユーモアにも感じ入る次第です。そこにある光景には「遊び場」のイメージが寄り添っていて、それも楽しい気持ちを静かに盛り上げてくれます。


コイズミアヤ_39.JPG コイズミアヤ_38.JPG コイズミアヤ_37.JPG コイズミアヤ_36.JPG

コイズミアヤ_35.JPG



並ぶ4つの台にそれぞれ1点ずつ、同じ大きさの筒を基本にしたバリエーションの作品が展示されています。


コイズミアヤ_34.JPG



それぞれ筒の内と外とを回廊や橋、階段が繋がりながら行き交っていて、ちいさな空間に意識を入り込ませてそのなかをイメージが彷徨っていくのも楽しいです。ひとつひとつの美しい造形にも魅せられ、すべてが図形的、幾何学的なかたちで一貫していながら、用いる木の素材感からか、どこかやわらかくてあたたかな雰囲気もそこから漂ってきます。


コイズミアヤ_33.JPG

コイズミアヤ_32.JPG コイズミアヤ_31.JPG コイズミアヤ_30.JPG コイズミアヤ_29.JPG

コイズミアヤ_28.JPG


コイズミアヤ_27.JPG コイズミアヤ_26.JPG コイズミアヤ_25.JPG コイズミアヤ_24.JPG

コイズミアヤ_23.JPG


コイズミアヤ_22.JPG コイズミアヤ_21.JPG コイズミアヤ_20.JPG コイズミアヤ_19.JPG

コイズミアヤ_18.JPG


コイズミアヤ_17.JPG コイズミアヤ_16.JPG コイズミアヤ_15.JPG コイズミアヤ_14.JPG

コイズミアヤ_13.JPG



長い台に置かれる複数の要素。白が塗布されたものと木の色がそのままのものとが並べ置かれていて、台上でひとつの風景を作り上げています。


コイズミアヤ_12.JPG



要素のひとつひとつの構造の美しさにも大いに魅せられるのですが、こちらの作品はそれぞれが組み合わさってひとつの長めの直方体に収まります。設置されているモニターにその様子が映し出されていてそれを眺めるとさらに楽しい気持ちが膨らみます。実際に触れて動かして組むこともでき(無論細心の注意を持ってですが)、見事に収まったときの嬉しさも堪らなかったり。。。


コイズミアヤ_11.JPG コイズミアヤ_10.JPG コイズミアヤ_09.JPG コイズミアヤ_08.JPG

コイズミアヤ_07.JPG コイズミアヤ_06.JPG コイズミアヤ_05.JPG コイズミアヤ_04.JPG

コイズミアヤ_03.JPG



もう1点は、ちょうど伺ったときはほぼ収まった状態に。
収まったかたちから、そこにどんな要素が組み込まれているのだろうと想像するのもまた楽しいです。


コイズミアヤ_02.JPG



それぞれの作品を拝見し、程よいテンション感というか、緊張感が強くもなくまた緩くなってもおらず、淡々としていて落ち着いた雰囲気が心にしっとりと響きます。構造としてはむしろ相当にシャープでストイックなのですが、そこにコイズミさんならではのたおやかさが潜んでいるようにも感じられます。


コイズミアヤ_01.JPG
posted by makuuchi at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック