《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
静物2020/paper works
参加アーティスト:足立真輝、後藤勇治、坂本睦美、佐藤明日香、勢藤明紗子、
能條雅由、村尾里奈、村松英俊
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
9/12(土)〜9/27(日)月火水・9/17休(祝日開廊)
木金:14:00〜18:00、土日祝:12:00〜18:00
プレスリリース

Still Life 2020/paper works
artists: Masaki Adachi, Yuji Goto, Mutsumi Sakamoto, Asuka Satow, Asako Setoh, Masayoshi Nojo, Rina Murao, Hidetoshi Muramatsu
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
Sep.12(Sat)〜Sep.27(Sun) closed on Mondays to Wednesdays (Holidays are open, Sep.17 is closed)
Thusdays and Fridays:14:00〜18:00, Saturdays, Sundays and Holidays:12:00〜18:00


《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2011年03月22日

〜3/20のアート巡り

このたびの震災に遭われたみなさまへ、心よりお見舞い申し上げます。
ブログの更新もしばらくお休みしていましたが、連休明けの本日より再開いたします。

〜3/20のアート巡り mirror

■3/17 Thu
イケヤン☆ 2010-2011 シーズン・オーラス展!
neutron tokyo
東京都港区南青山2-17-14
03-3402-3021
3/16(水)〜4/3(日)月休
11:00〜19:00(最終日:〜18:00)
イケヤン110316.jpg

1階から3階まで空間いっぱいに溢れる陶芸作品、その賑やかさが嬉しいです。
インスタレーションも楽しい1階では金理有さんの作品の重厚な存在感が際立ちます。やや暗い空間に聳える妖しくもどこかユーモラスさをたたえ、そして荘厳な造形が力強く迫ってきます。
田中雅文さんのブロックを積み上げるような展開の作品も興味深いです。土の素材感が醸し出すぬくもりと、造形の幾何学的なリズムとのバランスが絶妙で、新鮮な面白さを届けてくれているように思えます。
他にも桑田卓郎さんの鮮やかな色、青木良太さんの孤高などなど、ひとつひとつが味わい深く、さまざまな見所に溢れています。



関智生 Real/Red vol.2
TOKIO OUT of PLACE
東京都港区南麻布4-14-2 麻布大野ビル3F
03-5422-9699
3/11(金)〜4/10(日)月火水祝休
12:00〜19:00
関智生110311.jpg

アートフェアなどで拝見していた関智生さん、個展でようやく初めて拝見することができました。
支持体に乗るさまざまなテクスチャーの「赤」は、引いた距離で眺めるとひとつの色彩でありながらも近付くにつれてさまざまな表情が現れてきて、そのうねりに引き込まれます。
コンパクトなサイズの作品は実際の風景を見ながら描かれ、大作は撮影された風景の画像を画面に投射してトレースしていったものとのことで、それぞれのテンションの差異も興味深いです。



SPRING GROUP SHOW 稲岡美早子/勝本みつる/牡丹靖佳
MA2Gallery
東京都渋谷区恵比寿3-3-8
03-3444-1133
3/16(水)〜4/10(日)月火祝休
12:00〜19:00
MA2_110316.jpg

タイトルに並ぶ3名の日本人作家をメインに据えたグループ展。
初めて拝見する稲岡美早子さんの作品のユニークさ、そこから醸し出されている妖しい、そして澄んだ緊張感に魅せられます。奇妙なハイブリッドの生物、その仕草。2回に展示された銀色の造形。それぞれ素材のかたちをダイレクトに活かされ、そのことがもたらす独特の深みが印象に残ります。
大阪での個展を終えたばかりの牡丹靖佳さんも新作を発表、そこに現れる意外な奥行き感に興味深さを覚え、静かなユーモアが淡々と奏でられる勝本みつるさんの作品に惹かれ...それぞれの作品の距離感、絶妙なバランスで互いを干渉し合わない感じも心地よく思えます。



芦田尚美個展「AMETSUCHI HUT」
object by gallery deux poissons
東京都渋谷区恵比寿2-3-6-1F
03-5795-0451
3/11(金)〜3/27(日)月休
12:00〜20:00
芦田尚美110311.jpeg

陶芸のぬくもりが満ちるかわいらしい器や造形がガラス棚にずらりと並んで、眺めているだけでほっこりとした気分に浸れます。
蓋の上にちょこんとのるクマのユーモラスな佇まい、釉薬による瑞々しい仕上がりによってそのかわいらしさに艶やかさが重ねられ、ころころと心も軽やかに。
ひとつひとつの器に文字で中身が指定されている調味料入れも文字の感触が楽しかったりと、さまざまな遊び心が行き交うひとつの世界が痛快です。



帰ってきた りったいぶつぶつ展 〜現代作家による立体アート〜
Bunkamura Gallery
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
03-3477-9174
3/18(金)〜3/29(火)
10:00〜19:30
りったいぶつぶつ110318.jpg

初日に伺うことが難しかったこともあり、設営中にお邪魔してきました。
とにかく楽しい空間、タイトル通りに立体作品がずらりと並び、バラエティに富んだ構成が楽しさを加速させてくれます。ホントに共通するのが「立体である」ということくらいで、その解釈も実に幅広く、作品やアーティストごとにさまざまなイメージが浮かんできます。初めて拝見する作家の作品も少なくなく、新鮮な刺激にも溢れています。見応えのある展示が出来上がっているように思え、期待も高まります。あらためて伺うのが楽しみです。



■3/19 Sat
山本太郎個展「古典 -the classics- チェリー」
imura art gallery | kyoto
京都府京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町31
075-761-7372
2/12(土)〜3/19(土)日月祝休
11:00〜19:00
山本太郎110212.jpg

東京の第一生命ギャラリーで展示された作品に新作を加えた構成、空間が異なることで一度拝見しているそれぞれの作品が新鮮な表情を見せてくれていました。特に歩道のラインを複数の画面を繋げて表現した作品が、こちらでは2段重ねで展示されていて、その情景は本来想定されたかたちではないものの、平行に走る白線とそこに展開される物語性が異なるかたちで俯瞰できたのが貴重に感じられました。
新作の屏風作品での賑々しい情景は、山本さんらしさが溢れているように思えます。



Stephan Balkenhol
Tomio Koyama Gallery Kyoto
京都府京都市下京区西側町483
075-353-9992
2/19(土)〜3/19(土)日月祝休
11:00〜19:00

ザクザクとした彫り痕が生々しいバルケンホールの木彫作品。アグレッシブな表面の仕上がりが放つアバンギャルドさと、それとは裏腹に鮮やかな彩色などや臨場感溢れる造形により、圧倒的にポジティブでポップな雰囲気が作品から届けられるのが何とも痛快です。表現される活き活きとした人物の仕草、佇まいに楽しい気持ちが膨らんでいきます。
一度目にすると忘れられない、再び出会えたときにすぐにそれと分かるバルケンホールのテクスチャーが明るい空間で体感できたのが嬉しいです。



梶原航平「Wildfire」
児玉画廊|京都
京都府京都市南区東九条柳下町67-2
075-693-4075
2/26(土)〜4/2(土)日月祝休
11:00〜19:00
梶原航平110226.jpg

昨年の個展での大作群も印象に残る梶原さん、間隔をそれほど置かずに開催されている今回の個展では比較的コンパクトな作品で展示が構成され、また描かれるモチーフやテーマにも幅広いバリエーションが展開され、興味深い世界が繰り広げられています。創造性が漲るストローク、それらが放つ闊達な感触に煽られ、また意外なモチーフをユニークな構図で取り込んだ作品が醸し出す濃厚な世界観など、得難いイメージも多く届けられます。



Kodama Gallery Project 27 杉本圭助「rules」
児玉画廊|京都
京都府京都市南区東九条柳下町67-2
075-693-4075
2/26(土)〜4/2(土)日月祝休
11:00〜19:00
杉本圭助110226.jpg

東京のスペースで開催されたグループ展でまず拝見している杉本さんの個展。ひとつの空間に注ぎ込まれているさまざまなかたちのイメージ、メディアの選択も含めてのバリエーションの広さにも感じ入ります。抽象性の高い展開が繰り広げられていて、しかしそこに備わるパターンが独特のリズム感を紡ぎ出し、徐々にその気配へと誘われていきます。オープニングで行われたパフォーマンスの残り香、それ自体は淡い痕跡であるにも関わらず、その妖しさは相当に濃厚です。



グループ展「UNDULATIONISM (波動主義)」
MORI YU GALLERY KYOTO
京都府京都市左京区聖護院蓮華蔵町4-19
075-950-5230
3/4(金)〜4/30(土)日月祝休
12:00〜19:00
MORIYU110304.jpg

同ギャラリーお馴染みのアーティストに加え、初めて紹介されるクリエイションも名を連ねるグループショー。なかでも新作を発表されている小沢さかえさんと、その初めてのアーティスト、浦郷仁子さんの作品の新鮮な世界観に惹かれます。
小沢さんはこれまでの作品では豊かな時間をひとつの画面に収めたような印象だったのが、今回は寧ろ瞬間を描いたような風合いなのが印象的。浦郷さんはさまざまな筆致とかたちとがひとつの画面に織り込まれて深さと刹那的な感触とが重なる抽象世界が作り上げられています。



outside and the insideU 小林亜有美・山下春菜
O Gallery eyes
大阪府大阪市北区西天満4-10-18 石乃ビル3F
06-6316-7703
3/14(月)〜3/19(土)
11:00〜19:00(最終日:〜17:00)
Oeyes110314.jpg

個展も拝見している山下春菜さんの新たな展開が興味深いです。
これまでは盛られた料理を濃厚な色彩とテクスチャーで表現された作品を発表されていましたが、今回は水彩に通じる風合いをキャンバスに展開、白が多く表面に現れて爽やかな感触が現れているのが印象的です。


山下春菜_14.JPG

山下春菜_13.JPG 山下春菜_12.JPG

山下春菜_11.JPG



白が増えたことで全体的な色調のイメージに大きな変化が生まれているのですが、一方でストロークやそれによって導き出される色面にこれまでの山下さんらしさがしっかりと現れているように感じられるのも嬉しいです。描かれている場面は秋、しかし色彩が春めいていて、そのバランスも楽しく思えます。


山下春菜_10.JPG 山下春菜_09.JPG 山下春菜_08.JPG 山下春菜_07.JPG

山下春菜_06.JPG



軽やかな感触がひときわ鮮やかに感じられます。そこに描き込まれる細やかな景色の表情にも魅せられます。これまでにない瑞々しさが、これからどんな風景や情景に活かされていくかも楽しみです。


山下春菜_05.JPG 山下春菜_04.JPG 山下春菜_03.JPG 山下春菜_02.JPG

山下春菜_01.JPG



上須元徳展 "RE: Assemble"
YOD Gallery
大阪府大阪市北区西天満4-9-15 第一神明ビル
06-6364-0775
3/1(火)〜3/26(土)日月祝休
11:00〜19:00
上須元徳110301.jpg

人口建造物などを硬質に、幾何学的な構造をストレートに描く作品を拝見し、その独特のリアリティが痛快だった上須さん、今回の個展では発表される作品全てがモノトーンで統一されたことでクールさや硬質さがさらにも増して届けられています。さらに、人工的なモチーフは寧ろ曲線が印象的なものが選ばれ、一方で植物をその切れのある写実性で緻密に表現していて、その世界のシャープさもさらに際立っているように思えます。



福重明子展「Goahti(ゴアティ)」
The Third Gallery Aya
大阪府大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル2F
06-6445-3557
3/1(火)〜3/19(土)日月休
12:00〜19:00(土:〜17:00)
福重明子110301.jpg

シルクスクリーンプリントと細密描写とで繰り広げる妖艶な情景群。細やかな描写がひとつの画面に重なって不思議な奥行きが作り出されています。
カラフルな色彩が収められる作品のフワフワとした浮遊感、淡い色調に黒の線が乗る展開での硬質な静謐、それぞれが醸し出す気配の微妙な違いにも魅せられます。また、黒の描写が重なる作品ではその描かれる部分の細やかさが切り絵のようなテイストも生み出していて、その感触にも意識が引き込まれていきます。



荒木由香里展「CONSTELLATION」
studio J
大阪府大阪市西区新町3-14-8
06-6110-8508
3/19(土)〜4/30(土)日月火休
13:00〜19:00
荒木由香里110319.jpg

さまざまな素材を組み合わせて独特の女性的な世界を紡ぐ荒木由香里さんの個展。今回もバラエティに富んだ作品が配され、そのひとつひとつがコンパクトでありながら深く濃い気配を静かに、しかし程よく華やかに奏でています。
テーブルに乗る立体作品のユニークな賑々しさ、赤い素材のみで構成された、天上から吊るされた作品の存在感の大きさなど、いろんなテンション感がひとつの空間に交錯しています。



■3/20 Sun
松井沙都子展『Phantom hides on the wall』
neutron kyoto
3/8(火)〜3/27(日)
11:00〜23:00(最終日:〜21:00)
松井沙都子110308.jpg

線描が多用されていたこれまでの作風から、写実的にウサギなどのシルエットを表現し、それらを抽象的にひとつの画面に織り込んでいく展開へと変化が見られるのが興味深いです。広い画面に妖しげなかたちの色面が広がり、そこに隠されるようにモチーフが描かれていたり、またレイヤーの構成もいっそう大胆に感じられます。支持体の板目が活かされる作品も印象的です。
posted by makuuchi at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | mini review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック