《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
鶴友那 個展「永遠を探す旅」
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
11/9(土)〜11/24(日)月火水休
12:00〜18:00(11/15(金)は16:00〜 )
プレスリリース

Yuna Tsuru Solo Exhibition “Travel for Eternity”
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
Nov.9(Sat)〜 Nov.24(Sun)2019, closed on Mondays to Wednesdays
12:00〜18:00 (11/15(Fri): 16:00〜)


《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2006年06月08日

review:「ヨロヨロン」束芋《6/7》

「ヨロヨロン」束芋
原美術館
東京都品川区北品川4-7-25
6/3(土)〜8/27(日)月休(7/17開館)・7/18休
11:00〜17:00(水曜日:〜20:00)
一般\1000、大高生\700、小中生\500
※関連イベント
・「対談 都築饗一×束芋」7/8(土)18:00〜19:30
・「真夏の夜の束芋 〜dance on papers」8/5(土)
詳細は原美術館のホームページでご確認ください。
束芋DM.jpg

水曜日は夜の8時まで開館しているの原美術館。始まったばかりの束芋さんの個展にさっそく行ってきました。

・・・今回の原美術館の本気度は尋常じゃない...!
束芋ワールドが容赦なく展開されています。

パンフレットにもある通り、この展示の大きな見どころは、なんといっても原美術館の展示室に合わせて制作、設置された3つの大型映像インスタレーション。

受け付けからすぐの展示室は黒いカーテンで入口が仕切られ、そこへ入ると黒のパネルに5つの小さな窓がそれぞれ違う高さに開いていて、そこからモノクロのアニメーション『真夜中の海』の一部が見えます。床に投影されるこのアニメーションはこの窓からはすべては見えないのですが、全貌は階段途中の踊り場から鑑賞可能。
「ざざー」という音に合わせて繰り返される波のアニメーション。そこに織り込まれる気妙な光景、その光景と波とを縫うように蠢く長い髪のようなもの。
波の音がだんだん大きくなるにつれ、静かで深い焦燥感が煽られます。すべてが黒で覆われたこの空間自体が異様に神々しい。。。

1階の広い展示室に置かれた小さな家のインスタレーション。ここで上映されるのが『にっぽんの台所』。
・・・始まってすぐに耳もとに届く天気予報。
台所での日常。窓から見える街並。
起承転結のないクールでシュールな4コママンガふうのストーリーを綴った作品。

2階のいちばん奥の展示室、『公衆便女』。
・・・大掛かりなインスタレーションが設置され、そこで展開されるストーリーは相当にアバンギャルド。

以上の作品だけでも見応えとしては相当なもの。
この他にも、ギャラリー小柳での個展でも発表されたものや、日没後のみ窓の外のスクリーンに映し出される『ギニョラマ』(昨年のKIRIN ART PROJECT 2005での『ギニョる』をコンパクトにしたような内容)、ワークショップの記録、その他過去の作品も小型モニターで放映されています。

平面作品も満載です。
指をモチーフにしたおなじみの作品は1階通路などに展示され、映像のためのドローイングやテーマ性のある作品などもそれぞれ展示室で観られます。

夜7時過ぎに館内に入って、およそ1時間弱、束芋ワールドに浸りました。
言うまでもなくフィクションですが、「そんなことあるわけがない」という思いと「もしかしたらあるかもしれない」という思いとがぎりぎりで交錯したような現実から絶妙の距離感で展開される作品群に圧倒されました。
現実の世界を深く掘り下げた時に見えてくるような悩みや痛みを無遠慮に生々しく提示されて、本当の現実を一時的に忘れていたことに見終わった後に気付き、自分でも不思議な感じがしています。
posted by makuuchi at 03:28| Comment(8) | TrackBack(12) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
makuuchiさん(DADAさん?)TBありがとうございます。

ワタシもこの展覧会、想像以上に楽しんできました。「現実から絶妙な距離感で展開される作品群」…ほんと、おっしゃるとおりです。悪夢ではあるけれど、記憶のどこかにありそうな悪夢の魅力、とでもいいましょうか。やっぱり今日も公衆トイレを使うことはできませんでしたー。

「ギニョラマ」は見損ねてしまったので、こちらの記事を読んでいたら、もう一度行かなきゃーという気になってきました。
Posted by バウム at 2006年06月14日 03:06
バウムさん、コメントとTBありがとうございます!
そうです、DADA.で合ってます(笑)。ご無沙汰してました。
いやほんと僕もあの公衆便女と台所のおかげで帰りの原美術館の真っ暗な庭が怖くて(笑)。
今後もよろしくです!
Posted by makuuchi at 2006年06月14日 07:33
TBさせていただきました!
私は昼間いったんですが、あれは夜行くべき展示でしたね。

もう一回行ってもいいかも。
Posted by カミチョフ at 2006年07月05日 00:03
>カミチョフさん
はじめまして、TBとコメントありがとうございます!
僕ももう一回行く予定でいます。
ご存じかも知れませんが、品川駅のみどりの窓口でチケットを買えば100円安くなりますよ。
Posted by makuuchi at 2006年07月05日 04:45
初めまして。
この度はTBありがとうございました。
束芋展は何の予備知識も無く行ったのですが、それだけに色々な意味で“驚き”がありました。
夜に行かなかったのが悔やまれます。
Posted by 麻波郎 at 2006年07月09日 10:48
>麻波郎さん
はじめまして、コメントありがとうございます!
原美術館での束芋展、知っていてもたくさんの驚きがありました。
夜のみ観られる作品だけでなく、展示全体が「夜」的な感じがします。
Posted by makuuchi at 2006年07月09日 12:59
TBありがとうございます。
教育テレビに束芋さんが出ていました。
あの色使いを浮世絵から拝借しているという話をしていて、感動しました。
Posted by らしか at 2006年07月23日 20:10
>らしかさん
コメントありがとうございます!
僕はテレビを持っていないも同然なので思いっきり見逃してしまっているのですが...
浮世絵のお話は実際に番組でチェックしてみたかったです。
今後もよろしくお願いします!
Posted by makuuchi at 2006年07月24日 08:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

束芋 ヨロヨロン(原美術館)
Excerpt: 束芋 ヨロヨロン(原美術館)に行ってきました。 これ、昨日のことなのですが、よく考えるとちょっと無茶苦茶だったかも知れません。 町田久美さんの絵を見て、その後に束芋さんの映像って。。。 やばいで..
Weblog: あお!ひー
Tracked: 2006-06-13 23:17

ヨロヨロン束芋展
Excerpt: 日曜日、品川の原美術館の《ヨロヨロン 束芋》展を鑑賞。 お天気が悪かったのになか
Weblog: バウムクウヘンの断層。
Tracked: 2006-06-14 03:07

「ヨロヨロン」束芋@原美術館
Excerpt: 「束芋(たばいも)」と書くと何やら怪しげなアーティスト名のように思うのだけれど、実際には、田端さんちに姉妹がいたために、「田端さんちの妹」を略して「たばいも」と呼ばれていたらしいです。 現代日本のア..
Weblog: 芝えびの尻尾
Tracked: 2006-06-14 12:00

ヨロヨロン 束芋展 (原美術館)
Excerpt: さて、束芋さんの作品は三度みたことがありますが、これだけの作 品が集まった展示は初めてでした... 会場には珍しくモノトーンの映像...『真夜中の海』と題する海のア ニメーションは、波のまにまに白い..
Weblog: 徒然と(美術と本と映画好き...)
Tracked: 2006-06-17 01:15

束芋 展『ヨロヨロン』in原美術館
Excerpt: 彼女の作品に初めて出会ったのは“横浜トリエンナーレ2001”でした。 開場の一つである赤煉瓦倉庫の中で「にっぽんの通勤快速」を観ました。 ゆがんだ日本の社会を滑稽に描いたアニメーションを用..
Weblog: Health & Beauty Dish
Tracked: 2006-06-22 09:20

にっぽんから飛び出した束芋が到達した新境地。「ヨロヨロン 束芋」展
Excerpt: <table width="570" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0"> <tr> <td width="17">&nbsp;</td> <td width="260"><img alt="tabaimo_sub1.jpg" src="http://www.tagboat.com/documents/news_test/tabaimo_sub1.jpg" width="260" height="210" /></td> <td width="16">&nbsp;</td> <td width="260"><img alt="tabaimo_sub2.jpg" src="http://www.tagboat.com/documents/news_test/tabaimo_sub2.jpg" width="260" height="210" /></td> <td width="17">&nbsp;</td> </tr> <tr> <td width="17">&nbsp;</td> <td width="260" valign="top" class="cap">束芋さん。新作映像作品の手描きのアニメーション原画の前にて。..</td></tr></table>
Weblog: @Gallery TAGBOAT BLOG:アット ギャラリー タグボート ブログ:現代アートを知って、探して、買うならタグボート
Tracked: 2006-06-26 19:15

ヨロヨロン束芋展
Excerpt: 一体どんな展示会なんだ?というタイトル。束芋(たばいも)ってのがアーティストの名
Weblog: りんりんdiary
Tracked: 2006-06-27 23:32

狂気・病理・皮肉??束芋展「ヨロヨロン」
Excerpt: 今日は朝から電車の中でVelvet UndergroundNico。一見さわやか
Weblog: 今日の献立ev.
Tracked: 2006-06-28 13:29

束芋 ヨロヨロン 展
Excerpt: 開催中〜8/27 原ミュージアム(JR品川駅徒歩15分) ※サイトは こちら 「束芋、最高でしょー!」という噂を聞きつけ、さっそくさかぐと行く。 過去の映像作品が、インスタレーションした..
Weblog: void chicken DAYS
Tracked: 2006-06-30 12:05

ヨロヨロン 束芋
Excerpt: 知らない人はタイトルだけ見てもなんじゃらほいという感じだと思うが、 新進気鋭の女性アーティスト、束芋による原美術館での個展ヨロヨロンに行ってきた。 現在絶賛開催中。 もともと知人から紹介されており興..
Weblog: Are You Gipsified?
Tracked: 2006-07-05 00:07

束芋展
Excerpt: 束芋展
Weblog: ヤクバの教室
Tracked: 2006-07-13 13:53

「ヨロヨロン」束芋展
Excerpt: 最近、ずっと気になっていた「束芋」。(※2006/07/09 「束芋」が気になる )品川の原美術館で開催中の個展「ヨロヨロン」を見に行ってきた。先日、「何だか奇妙・グロテスクで、場合によっては気持ち悪..
Weblog: 刻々是雑感
Tracked: 2006-07-23 17:10