《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
静物2020/paper works
参加アーティスト:足立真輝、後藤勇治、坂本睦美、佐藤明日香、勢藤明紗子、
能條雅由、村尾里奈、村松英俊
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
9/12(土)〜9/27(日)月火水・9/17休(祝日開廊)
木金:14:00〜18:00、土日祝:12:00〜18:00
プレスリリース

Still Life 2020/paper works
artists: Masaki Adachi, Yuji Goto, Mutsumi Sakamoto, Asuka Satow, Asako Setoh, Masayoshi Nojo, Rina Murao, Hidetoshi Muramatsu
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
Sep.12(Sat)〜Sep.27(Sun) closed on Mondays to Wednesdays (Holidays are open, Sep.17 is closed)
Thusdays and Fridays:14:00〜18:00, Saturdays, Sundays and Holidays:12:00〜18:00


《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2011年02月05日

review:Exchange Osaka→Tokyo 鈴木崇、立花常雄《1/15、1/29》

review:Exchange Osaka→Tokyo 鈴木崇、立花常雄《1/15、1/29》mirror

Exchange Osaka→Tokyo 鈴木崇、立花常雄
SANAGI FINE ARTS
東京都中央区日本橋茅場町2-13-8 第一大倉ビル1F
03-5640-6882
1/15(土)〜2/5(土)日月祝休
12:00〜19:00
SANAGI110115.jpg

Exchange Osaka→Tokyo Takashi Suzuki,Tsuneo Tachibana
SANAGI FINE ARTS
東京都中央区日本橋茅場町2-13-8-1F,Nihonbashi-Kayaba-cho,Chuo-ku,Tokyo
03-5640-6882
1/15(Sat)-2/5(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
12:00-19:00
Google translate



SANAGI FINE ARTSと大阪のThe Third Gallery Ayaとがフィーチャーする写真のアーティストを2名ずつ交換して展示するというユニークな企画です。
こちらでは鈴木崇さんと立花常雄さんが登場、それぞれユニークなアプローチによる写真作品を発表され、そこから感じ取れる空間や時空のイメージが印象的です。

入り口に入るとまず鈴木崇さんの作品が目に入ってきます。
滲む建築。どこか透明感が溢れるような瑞々しい空気感をたたえ、曖昧でありながらも硬質な感触もあるという不思議な感覚の情景がするりと意識を引き込んでくれます。


鈴木崇_08.JPG



さらにギャラリースペースへと足を踏み入れていくと、その先の壁面に対になっている画像が現れ、その光景に広がりがもたらされます。


鈴木崇_07.JPG



具体的な被写体ではなく、敢えて表現するとレンズ直前の空気にピントの合わせるというユニークな手法により、なんとも不思議な情景が創造されています。ピントが合う距離ではその像はくっきりと画像の中で立ち上がり、遠くの景色は気配に溶け出すように、もしくは蜃気楼のように輪郭を潤ませ、緩やかな雰囲気が繊細に紡ぎ出されています。
この輪郭の硬軟のグラデーションでさらに深く導き出される遠近感とともに、2面の画像を並べて提示することが画像の中のとはまた異なる硬質感を醸し出しています。アクリルマウントされエッジが立つ物質的な構造が、画面に収まる透明感をいっそう鮮烈に引き出します。


鈴木崇_06.JPG 鈴木崇_05.JPG 鈴木崇_04.JPG

鈴木崇_03.JPG



さまざまな風景が取り上げられ、そのバラエティの豊かさがアプローチのユニークさをさらに際立たせています。
いわゆる「アオリ写真」的な(そういう撮影手法ではないとのことです)面白さもあって楽しく、またいずれの写真に爽やかさもあり、それが清々しい気分を届けてくれます。


鈴木崇_02.JPG

鈴木崇_01.JPG



カラーの写真で現代的な風景を提示されている鈴木さんとは一線を画し、もうひとりのアーティスト、立花常雄さんはモノクロームでレトロな雰囲気が漂う写真を並べ、静かな気配を淡々と届けます。
ずらりと横一列に並ぶ様は壮観です。


立花常雄_10.JPG



こちらの写真は実際に古いフィルムをもとにされていて、それを鈴木さんとは逆に遠くにピントが合っているような感じにプリントし、全体的にぼやけたような風合いがもたらされています。こちらもさまざまな場面が並び、しかしモノトーンで貫かれていたりサイズも整えられていることなどによって統一感が生み出され、並ぶ写真1点1点を続けて眺めていくとその流れに不思議とストーリー性が・・・もとい掌品小説をしみじみ味わっていくような感覚が思い浮かんできます。


立花常雄_09.JPG 立花常雄_08.JPG 立花常雄_07.JPG

立花常雄_06.JPG 立花常雄_05.JPG 立花常雄_04.JPG

立花常雄_03.JPG



そしてすべての写真を分断するように、画面の中心に黒い直線が線が縦に入れられているのも興味深いです。
ひとつの画面がふたつのコマに分けられていることで、場面の連なりが生み出され、空間的な膨らみと時間の流れとが新たに導き出されています。古めかしい情景はただそれだけで時空の豊かさを提供してくれているのですが、このシンプルなアクセントが加えられることでさらに深みを増し、ひとつの写真から浮かぶその情景への想いもいっそうおおらかに広がっていきます。


立花常雄_02.JPG

立花常雄_01.JPG



それぞれ壁面を分けて展示されたお二人の写真のコントラストも鮮やかで、それぞれに展開されているユニークさも互いに引き立て合っていて、それもまた嬉しい構成になっています。
posted by makuuchi at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック