《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
Group_Show_202211
小坂学、後藤勇治、山口英紀

@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
11/12(土)〜11/27(日)月火水休(11/23開廊)
木金:15:00〜18:00、土日祝:12:00〜18:00
プレスリリース
インスタレーションビュー

Group_Show_202211: Manabu Kosaka, Yuji Goto, Hidenori Yamaguchi
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
November 12(Sat)〜November 27(Sun) closed on Mondays to Wednesdays (November 23 is open)
Thursdays and Fridays:15:00〜18:00, Saturdays, Sundays and holidays:12:00〜18:00
installation views

《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2011年01月05日

review:mariane「BOM SONHOS」〜よい夢を〜《10/15、10/22》

review:mariane「BOM SONHOS」〜よい夢を〜《10/15、10/22》mirror

mariane「BOM SONHOS」〜よい夢を〜
artdish.g
東京都新宿区矢来町107
03-3269-7289
10/16(土)〜11/10(水)月休
12:00〜22:00
mariane101016.jpg

mariane "BOM SONHOS"
artdish.g
107,Yarai-cho,Shinjuku-ku,Tokyo
03-3269-7289
10/16(Sat)-11/10(Wed) closed on Monday
12:00-22:00
Google translate



artdish.gでのmarianeさんの個展です。
大阪のstudio Jでの個展を拝見し損ねていて、ただ小さな作品自体は何度か拝見していたこともあり、その細密な世界をあらためて東京で観られると知ってホントに嬉しく思った次第。
コンパクトな空間をメインにレストランスペースの壁面に至るまでさまざまな、しかも大きなサイズの作品までもが展示され、独特の色彩感と細かい線とで描かれる有機的なモチーフが湧くように溢れていてそのひとつひとつにぐっと近づいて見入ってしまいました。

広い縦長の画面の作品では、日本古来の軸の絵などで見受けられるようなゆったりと静かに広がる「間」のようなものが感じられるほどに、絶妙な配置で奇妙なモチーフが描かれていています。


mariane_29.JPG

mariane_28.JPG



原生的な植物を彷彿させるモチーフ、その妖しげな佇まいになんとも不思議なイメージが広がり、それらを至近で眺めると実に細やかな線描がぎっしりと密集していることが分かり、その凄まじい密度に圧倒されます。
どこかコミカルにも感じられる飄々とした雰囲気も醸し出しながら、その画面に現れる要素は徹底して鋭さをたたえていて、ぐんぐんと意識がこの有機的で幻想的な世界に引きずり込まれていきます。


mariane_27.JPG mariane_26.JPG mariane_25.JPG mariane_24.JPG

mariane_23.JPG



それにしても何とも不思議なモチーフです。
確かに植物的なのですが、何となく意思を持っていそうなイメージもあって、またこの大きな画面に描かれていながらも、高彩度の細密表現が逆に相当にミニマムな世界を思い起こさせてくれるのにも惹かれます。広い紙に広がる余白のなかをふわふわと浮遊し、また画面下方の大きなモチーフは無脊髄動物のようなもってりとした存在感が感じられ、結構グロテスクなんですけどなんだかかわいらしくも思えてくるのがまた楽しいです。


mariane_22.JPG mariane_21.JPG mariane_20.JPG mariane_19.JPG

mariane_18.JPG



抑えられる色数も、その世界を過剰に濃くしないことに貢献しているように感じられます。どこか全体的に軽やかで洗練された気配が漂っていて、加えて赤や紫、金色、白といった色彩の繊細さから清々しい緊張感が奏でられているように思えます。


mariane_17.JPG mariane_16.JPG mariane_15.JPG mariane_14.JPG

mariane_13.JPG



一転して小さな作品、こちらはまたシンプルにひとつのモチーフを画面中央に描写、バランスはむしろ何も描かれていない余白部分が広めで、それがその小さなモチーフの細やかなテクスチャーを際立てています。紙の質感の味わい深さ、紙の繊維の感触や色合いも、鋭く鮮やかな色彩を引き立てます。


mariane_12.JPG mariane_11.JPG

mariane_10.JPG

mariane_09.JPG

mariane_08.JPG



レストランスペースのやや暗めのなかに展示されるとその妖しさがさらに強められ、特に赤の深みがいっそうの生々しさをもって迫ってきます。


mariane_07.JPG



あくまで想像上の形体、画面に対して自由にその形を増殖させていくように描かれているのだと連想するのですが、それが思わぬ形を導き出し、抽象的な世界観のイメージが濃く現れるように思えます。
しかし画面に表される線や色彩の一切が常に切れ味がいいというか、目が覚めるような張りつめた感触を伴っているために妖しくも実にクリアな輪郭の印象が届けられます。


mariane_06.JPG mariane_05.JPG mariane_04.JPG mariane_03.JPG

mariane_02.JPG



思わずじっくりと眺めてしまう、そして明るい色彩の爽快感が嬉しいという、独特の細密表現のように思えます。
もっといろんな形で作品を拝見してみたい、好奇心がぐんと膨らむのも痛快です。


mariane_01.JPG


posted by makuuchi at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック