《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
Group_Show_202211
小坂学、後藤勇治、山口英紀

@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
11/12(土)〜11/27(日)月火水休(11/23開廊)
木金:15:00〜18:00、土日祝:12:00〜18:00
プレスリリース
インスタレーションビュー

Group_Show_202211: Manabu Kosaka, Yuji Goto, Hidenori Yamaguchi
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
November 12(Sat)〜November 27(Sun) closed on Mondays to Wednesdays (November 23 is open)
Thursdays and Fridays:15:00〜18:00, Saturdays, Sundays and holidays:12:00〜18:00
installation views

《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2010年12月03日

review:飯田竜太 verbalizes -出会えないから、言葉で-《11/6、11/27》

review:飯田竜太 verbalizes -出会えないから、言葉で-《11/6、11/27》mirror

飯田竜太 verbalizes -出会えないから、言葉で-
Takuro Someya Contemporary Art/Tokyo
東京都中央区築地1-5-11 築地KBビル1F
03-6278-0136
11/6(土)〜12/4(土)日月祝休
12:00〜19:00
飯田竜太101106.jpg

Iida Ryuta "verbalizes -- because I can’t see you --"
Takuro Someya Contemporary Art/Tokyo
1-5-11-1F,Tsukiji,Chuo-ku,Tokyo
03-6278-0136
11/6(Sat)-12/4(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
12:00-19:00
Google Translate(to English)



Takuro Someya Contemporary Art/Tokyoでの飯田竜太さんの個展です。

フリーペーパーや文庫本などに緻密で工芸性の高いカットを施し独特の深遠な世界観を奏でる作品をこれまで発表されていますが、今回の個展でもその展開を引き継ぎつつ、これまでになかった異なる展開も提示されています。

入り口すぐのスペースに展開されているインスタレーション、この展示の冒頭からいつもとひと味違う展開に魅せられます。


飯田竜太_37.JPG



素材に選ばれているのが教本。
どうやら書の手本のようなものらしいのですが、そこに書かれた文字が丁寧に切り取られ、開いた穴の一部は既にほぼ文字の体を成しておらず、それによって物体的な存在感を醸し出しているように感じられるのが興味深いです。


飯田竜太_36.JPG



カットされた部分はシャーレに収められていっしょに展示されています。
採取された感触が強められ、「もの」としての生々しさが押し出されているようにも思えてきます。


飯田竜太_35.JPG



ずらずらと羅列されるさまざまなかたちの穴が不思議な空間をそこに導き出しています。行為の痕跡としての生々しさと強度、文字が切り取られたことによってそこはかとなく漂う儚さ、ものとしての現状に置ける脆さ、さまざまな要素が重なり、繊細でスリリング、かつストイックな気配が立ちのぼり、緊張感が横たわっているような印象も浮かんできます。


飯田竜太_34.JPG 飯田竜太_33.JPG 飯田竜太_32.JPG

飯田竜太_31.JPG



ひらがなが書かれた教本だと、残った穴からの文字の認識度は幾分か増し、その気配はむしろユーモラスに感じられます。
仮名文字のやわらかさ、穏やかさは穴のかたちにも反映されているような印象で、ひらがなと気付いた時の嬉しさが何ともいえないほっこりとなごやかな気分をもたらしてくれるような気がします。


飯田竜太_30.JPG 飯田竜太_29.JPG 飯田竜太_28.JPG 飯田竜太_27.JPG

飯田竜太_26.JPG



続いて額におさめられた小さな作品。
こちらは実際に送られてきた絵葉書のテキストの部分が、ほぼ文字のかたちに従ってカットされている、というもの。


飯田竜太_25.JPG



裏返しになっていることもあり、書かれたテキストはハガキからはほぼ認識することが不可能で(ただし、いっしょに収められている切った部分から一部は何が書かれていたかが分かってしまいます)、それが「もの」としての存在感や純粋な行為の生々しさ、ストイックさを高めているように思えます。
絵葉書と書かれた文章とカットという行為を関連して考えてみるとそこに一貫した繋がりが見受けられないのも面白く感じられ、その「無意味感」が作品の工芸性の高さを引き立てているようにも感じられます。


飯田竜太_24.JPG 飯田竜太_23.JPG

飯田竜太_22.JPG



ここからはお馴染みのカットの作品が。
ハードカバーの本のテキストが全てカットされた作品、瓶詰めされたテキストの異様さ、細長い方形の穴が幾重にも重なる見開かれた本の虚無感と行為の蓄積としての凄まじさにあらためて感じ入ります。


飯田竜太_21.JPG 飯田竜太_20.JPG

飯田竜太_19.JPG



石造りの棚には、多くの画像が掲載された本にカットが施されたものが。
単語ごとの細微なカットが連なる一方、画像がカットされていることでページのほとんどが切り取られて大きな穴があいているところもあったりして、逆にユーモラスな感じがしてくる、それが深い面白味へと転化していくのも興味深いです。


飯田竜太_18.JPG

飯田竜太_17.JPG

飯田竜太_16.JPG



奥まったスペースにもお馴染みの手法の作品が並んでいます。
文庫本の1ページを文字の部分だけストイックに切り抜いた作品、編まれるテキスト部分がその文字が放つ意味が絡み合うことでイメージとしての混沌を導き出しているのも面白く感じられます。


飯田竜太_15.JPG

飯田竜太_14.JPG 飯田竜太_13.JPG

飯田竜太_12.JPG



文庫本に複雑で幾何学的なカットが施された作品。
こちらはそのカットによってさらに複雑な構造が展開されているような気がして、その際立つ斬新さに今まで以上に惹かれます。


飯田竜太_11.JPG 飯田竜太_10.JPG 飯田竜太_09.JPG

飯田竜太_08.JPG



1ページごとのカットのかたちの鋭さが、その本という素材の深みと衝突し、アバンギャルドな雰囲気を導き出しているように思えます。印刷される文字が何かの意味を伝えるというもともとの存在意義を失い、かたちそのものの面白さが不応出され、重なる紙の斜面にミニマムなパターンを生み出しているところに魅せられます。


飯田竜太_07.JPG

飯田竜太_06.JPG 飯田竜太_05.JPG 飯田竜太_04.JPG 飯田竜太_03.JPG

飯田竜太_02.JPG



ストイックさとユーモアの振幅が飯田さんの世界観に感じられるのが頼もしく思えます。
行為として、そして工芸的な意味での鮮烈なクールさ、そして用いる本、あるいは文字という素材へのリスペクトと解釈のユニークさにより、独創性もさらに先へと押し進められているように思えます。


飯田竜太_01.JPG


posted by makuuchi at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック