《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
静物2020/paper works
参加アーティスト:足立真輝、後藤勇治、坂本睦美、佐藤明日香、勢藤明紗子、
能條雅由、村尾里奈、村松英俊
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
9/12(土)〜9/27(日)月火水・9/17休(祝日開廊)
木金:14:00〜18:00、土日祝:12:00〜18:00
プレスリリース

Still Life 2020/paper works
artists: Masaki Adachi, Yuji Goto, Mutsumi Sakamoto, Asuka Satow, Asako Setoh, Masayoshi Nojo, Rina Murao, Hidetoshi Muramatsu
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
Sep.12(Sat)〜Sep.27(Sun) closed on Mondays to Wednesdays (Holidays are open, Sep.17 is closed)
Thusdays and Fridays:14:00〜18:00, Saturdays, Sundays and Holidays:12:00〜18:00


《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2010年12月02日

review:國府理  Parabolic Garden《11/13》

review:國府理  Parabolic Garden《11/13》mirror

國府理  Parabolic Garden
ARTCOURT Gallery
大阪府大阪市北区天満橋1-8-5 OAPアートコート1F
06-6354-5444
11/9(火)〜12/4(土)日月休
11:00〜19:00(土:〜17:00)
國府理101109.jpg

Osamu Kokufu  Parabolic Garden
ARTCOURT Gallery
1-8-5-1F,Tenmabashi,Kita-ku,Osaka-shi,Osaka-fu
06-6354-5444
11/9(Tue)-12/4(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
11:00-19:00(Saturday:-17:00)
Google Translate(to English)



ARTCOURT Galleryでの國府理さんの個展です。
初めて青山スパイラルで國府さんの展示を拝見したとき、帆がついたビークルだったのですが、映像を拝見してそれが実写だと知った瞬間の驚きは今でも失せることなく。。。それ以降、スケールの大きな作品やコンセプチュアルな要素が備わるものなど、無機的な感触と自然や人肌の風合いとが絶妙に織り込まれる展開に感嘆させられているのですが、今回の個展では僕が拝見した中ではもっとも壮大で圧巻、それぞれのコーナーに展示、設置されたインスタレーションにイメージもぐんと広がっていきます。

最初のコーナーに展示されたテーブルの上のシダ。
テーブルのシンプルでスマートな造形と、その上に広がる緑のギャップが痛快で、不思議な空間が作り上げられ、得難い新鮮な感触が心に広がります。
この光景をぱっと目にした瞬間、そのギャップすらも自然に捉えられるのですが、よくよく考えるとこの薄い表層によく根付いているなぁ、と感心させられたり。。。


國府理_24.JPG 國府理_23.JPG 國府理_22.JPG

國府理_21.JPG



続く広い空間には、一見して圧倒されるインスタレーションが。
巨大な円形の地面が唐突に現れ、その空間の不思議さ、斬新さにイメージが一気に、そして静かに膨らみます。構造の美しさにも大いに惹かれる次第。


國府理_20.JPG 國府理_19.JPG 國府理_18.JPG

國府理_17.JPG



円形の中央部にわずかに生える芝。伺った日は会期開始から1週間足らずなのですが、その繊細で神秘的な光景に接し、硬質で未来的な構造の上に存在する生命の存在に触れてさらに深いイメージが湧き起こります。


國府理_16.JPG

國府理_15.JPG



円の中央部に円形の芝、そこには天井部に設置されたシャワーから定期的に「雨」が注がれます。
ほぼ1時間に1回だけ、その瞬間のふわりとした気配も印象的で、機械の作業でありながらどこかあたたかな、やさしい感じがしてくるんです。


國府理_14.JPG



通路にはアートフェア東京でも出現していた動く庭が。


國府理_13.JPG



さすがに上部の緑は植え替えられているとのことなのですが、さらに機械構造と自然物とのギャップが痛快で、どこか理知的なユーモアもそこから感じ取れるような気がします。支える台座と車輪のどっしりとファットな作り込みの機能美にも魅せられます。また、「動かせる」ということが空間が空間を移動するイメージを生み、ここから放たれる世界観を一段と壮大なものへと押し上げているように思えます。


國府理_12.JPG 國府理_11.JPG

國府理_10.JPG



緑の瑞々しさはそれこそ目にやさしい色彩を奏でていて、その部分だけに意識を集中させると自然の空間の伸びやかなイメージに満たされます。そこからあらためてここにある全体像を思い起こすとそのシュールさがさらに堪らなく面白く感じられます。


國府理_09.JPG



今度はさらにダイナミックなインスタレーションが。


國府理_08.JPG



展示室内に建て込まれる巨大なドーム。
その中に植わった木々、地面にほんのりと広がる芝の緑。ドーム内の閉じた空間に創り上げられる自然の光景の不思議さ、それでも保たれる生命の力強さ。内側と外側の隔絶され、隔離された空間との距離感にもさまざまな物語性が生まれます。
こちらも定期的にミストがかかるそうで、機械に管理されていることにもさらにイメージが深まっていきます。


國府理_07.JPG

國府理_06.JPG



最後のスペースにはエスキース作品が並べられています。
構造部分のどっしりと硬質な造形とは裏腹に、意外にもどこかのんびりとしたやさしくて和やかな情景がそれぞれに描かれていて、その雰囲気も心地よく感じられます。


國府理_05.JPG 國府理_04.JPG 國府理_03.JPG

國府理_02.JPG



今回の國府さんの作品を拝見し、宇宙ステーションのようなイメージが心に広がります。機械にさ支えられた自然、空間。子供の頃に本で読んだ未来の世界のひとつに宇宙ステーションの想像図があって、街が巨大な構造物のなかにつくりあげられているのが結構心に残っているのですが、國府さんの作品は都市ではないもののそれに通じる空間性が感じられ、その壮大なスケールに圧倒されます。
さらに今回はこのスペースのポテンシャルが最大限に活かされ、サイズ的にも圧倒してくる構成にも感嘆させられます。


國府理_01.JPG
posted by makuuchi at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック