《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
井上七海 個展「EQUABLE 」
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
10/16(土)〜10/31(日)月火水休
木金:14:00〜18:00、土日:12:00〜18:00
プレスリリース
インスタレーションビュー

NANAMI INOUE SOLO EXHIBITION “EQUABLE”
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
October 16(Sat)〜October 31(Sun) closed on Mondays to Wednesdays
Thursdays and Fridays:14:00〜18:00, Saturdays, Sundays and holidays:12:00〜18:00
installation views

《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2010年11月16日

review:岩田俊彦展《11/6》

review:岩田俊彦展《11/6》mirror

岩田俊彦展
ラディウムーレントゲンヴェルケ
東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17
03-3662-2666
10/29(金)〜11/20(土)日月祝休
11:00〜19:00
岩田俊彦101029.jpg

Toshihiko Iwata
Radi-um von Roentgenwerke AG
2-5-17, Nihonbashi Bakuro-cho,Chuo-ku,Tokyo
03-3662-2666
10/29(Fri)-11/20(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
11:00-19:00
Google Translate(to English)



ラディウムーレントゲンヴェルケでの岩田俊彦さんの個展です。

斬新に引き出される漆の魅力。表面の平滑さが放つシャープな美しさと、古くから連綿と引き継がれる素材そのものの深みとが響き合い、さらにそこにほどよく「和」の気配を醸し出す幾何学的なパターンと、妖し気なモチーフとが描き込まれ、実にユニークな世界が展開されています。

1階、階段踊り場と手のひらに乗るほどの小品が続きます。


岩田俊彦_26.JPG

岩田俊彦_25.JPG 岩田俊彦_24.JPG

岩田俊彦_23.JPG



岩田さんの小品は、側面も含めたその小さな表面全体に複雑な画面構成が繰り広げられます。かたちの面白さや線のケレン味のない美しさが、漆特有の艶やかな質感と渋い色調で紡がれているのが印象的で、そこに施される整然としていながらもユーモラスな情景に惹かれます。


岩田俊彦_22.JPG

岩田俊彦_21.JPG 岩田俊彦_20.JPG

岩田俊彦_19.JPG



重なる漆の層がもたらす微妙な立体感にも感じ入ります。
描かれるひとつひとつが程よく主張し、すらりと走る線はさらにしなやかに、そして色面となって現れる部分は澄んでいて同時に濃厚な風合いを醸し出し、コンパクトなサイズのなかに豊かな魅力が静かに満ちているように思えます。


岩田俊彦_18.JPG

岩田俊彦_17.JPG 岩田俊彦_16.JPG 岩田俊彦_15.JPG

岩田俊彦_14.JPG



大きな作品では、その表面の平滑さが迫力となって圧倒してきます。
広い表面に加え、壁から突き出る分厚さがひときわ強烈なインパクトを感じさせてくれる作品。その大きな朱の広がりが放つ凄まじいスケール感に呆然とさせられ、真ん中に登場する髑髏が生える骰子の小さなモチーフ、そのクールな佇まいと熱を帯びる存在感にイメージもぐっと深められます。
さらに、表面縁の部分に走る線のシャープさが「収める」感じをいっそう際立たせ、さらに側面の黒の深みも加わり、そこに唐突に創り上げられている空間の違和感がどうしようもなく痛快に感じ取れるんです。


岩田俊彦_13.JPG

岩田俊彦_12.JPG 岩田俊彦_11.JPG

岩田俊彦_10.JPG



深い緑と黒との組み合わせで表現されるシャープな情景。
スクエアの画面のスマートさは、鏡面と化した漆黒の艶と平滑さも相まってフューチャリスティックなイメージも放たれているように思えます。同時に斜めに交錯する直線と門が僅かに面取りされる菱形の凛とした佇まい、そして咲く花を思い起こさせる有機的なモチーフの端麗さと妖しさなど、表出される要素のひとつひとつが関わりあって抗い難い魅力を奏で、クールな美しさと格好良さに大いに惹かれます。


岩田俊彦_09.JPG 岩田俊彦_08.JPG 岩田俊彦_07.JPG

岩田俊彦_06.JPG



漆黒はそこに関わるさまざまな色彩の美しさ、艶やかさを引き立てます。
パープルが乗る作品、そこに繰り出される大きな花のパターンのどこかコミカルなリズム、そして未来的でありながらも確実にそこに備わる「和」の風合い。右上の角に一カ所だけ施される螺鈿の円形がアクセントとしても効いていて、全体に横たわるダークな情景に鋭く深い鮮烈さを導き出し、その部分が異空間となって現れているようにも思えます。


岩田俊彦_05.JPG 岩田俊彦_04.JPG 岩田俊彦_03.JPG

岩田俊彦_02.JPG



整然として凛としたリズムで繰り出されるパターンと、そこにさらに投入されるクールなモチーフ、その絶妙なバランスが深遠な気配と澄んだ緊張感を生み出しているように思えます。
そして、この世界が漆で表現されていることの嬉しさにも感じ入ります。素材としての意表を突く感じが堪らなく、しかも漆本来の美しさはしっかりとそこから感じ取れることも痛快に思える次第です。


岩田俊彦_01.JPG


posted by makuuchi at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。