《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
鶴友那 個展「永遠を探す旅」
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
11/9(土)〜11/24(日)月火水休
12:00〜18:00(11/15(金)は16:00〜 )
プレスリリース

Yuna Tsuru Solo Exhibition “Travel for Eternity”
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
Nov.9(Sat)〜 Nov.24(Sun)2019, closed on Mondays to Wednesdays
12:00〜18:00 (11/15(Fri): 16:00〜)


《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2010年11月16日

review:和田典子 Noriko Wada「Fancy dim light」《10/16、11/6》

review:和田典子 Noriko Wada「Fancy dim light」《10/16、11/6》mirror

和田典子 Noriko Wada「Fancy dim light」
Yuka Sasahara Gallery
東京都千代田区神田岩本町4
03-6206-9590
10/16(土)〜11/20(土)日月火休
12:00〜19:00
和田典子101016.jpg

Noriko Wada "Fancy dim light"
Yuka Sasahara Gallery
4,Iwamoto-cho,Chiyoda-ku,Tokyo
03-6206-9590
10/16(Sat)-11/20(Sat) closed on Sunday,Monday and Tuesday
12:00-19:00
Google Translate(to English)



Yuka Sasahara Galleryでの和田典子さんの個展です。

お馴染みの独特の色彩感のペインティングが並び、不思議な気配が空間全体を満たしています。
どうやら人がシーツに包まっているシチュエーションが表現されていて、そこにもたらされる匿名性と絶妙のバランス感覚で醸し出るポップな狂気。シュールな状況は溢れるようにさまざまな色彩で描き出され、なんともいえない深みがそこから届けられるように思えます。


和田典子_21.JPG 和田典子_20.JPG 和田典子_19.JPG 和田典子_18.JPG

和田典子_17.JPG



およそ室内の情景を描いた作品で統一されてきた世界観から一転し、淡いベージュの背景に何かを包んだシーツの塊が描かれた作品が、この展示に軽やかなアクセントをもたらします。
ひとつのモチーフの中に生み出される色彩のカオスが、他の作品と比較してもひときわ軽く明るい画面に危うさを導き出しているように感じられ、またひとつひとつのストロークの身体的な感触や垂れる絵の具の生々しさが、力強さとなって迫ってくるようにも思えます。


和田典子_16.JPG 和田典子_15.JPG 和田典子_14.JPG 和田典子_13.JPG

和田典子_12.JPG



雑然と小高く積み上げられる本や雑誌らしきものの様子と、そのなかに囲まれるようにして佇むシーツの塊。背景の独特の深い青と床の赤茶色とが本とシーツとで分断されている画面は、おそらく室内、というイメージを届けながら、同時に異空間の印象を奏でてくれているようにも思えてきます。そこに漂う物語の輪郭は曖昧になって、しかし状況の生々しさ、それでもやはり感じ取れる狂気的な感触に、想像もいっそう深まり、そして濃厚になっていくような気もしてきます。


和田典子_11.JPG 和田典子_10.JPG 和田典子_09.JPG 和田典子_08.JPG

和田典子_07.JPG



家具調の椅子とその上に乗るシーツ、状況の輪郭がひときわくっきりと表出されているように感じられるのが印象的です。
椅子の手すりの曲線や程よい装飾が個性的な色彩の解釈で巧みに描写されて、その情景のイメージは他の作品と比較しても分かりやすいように思えるが印象的です。同時に部屋の様子を描いている部分、壁面や床を現す色彩のなかに導き出されている垂れる絵の具の痕跡やその色調の奥に潜むさまざまな色が、その表層を捲った部分にも混沌が潜んでいるような様子を想起させてくれるのも興味深いです。


和田典子_06.JPG 和田典子_05.JPG 和田典子_04.JPG 和田典子_03.JPG

和田典子_02.JPG



画面にもたらされる色彩は力強い弧を描くストロークの力強さとくっきりとした輪郭によってひとつひとつが際立ち、それぞれの主張が衝突し合ってエネルギーを生み出しているように思えます。ストロークの生々しさをそれぞれ捉えていくと、およそ無軌道で天真爛漫な印象を覚えるのですが、それらがぶつかり重なり、大きな流れを生んでひとつの輪郭を紡ぎ上げている様子にも惹かれ、危うさや妖しさを色濃く感じさせる情景にほんのりと儚げにかわいらしさが潜んでいるようにも思えてくるんです。

これまでと比べるとそこにあるモチーフの輪郭がいっそうキャッチーに表現されているような感じもあって、それがこの独特の色彩の解釈で創り出される世界と現実との距離を近づけているように感じられるのも印象的で、なかなか言葉にできない感覚的な物語がどのように広がって、深まっていくかも楽しみです。


和田典子_01.JPG
posted by makuuchi at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック