《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
田島大介「This is My Territory」
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
2/8(土)〜3/1(日)月火水休(2/11(火)、2/24(月)は開廊)
12:00〜18:00(2/14(金)は14:00〜、2/21(金)は16:00〜 )
プレスリリース

Daisuke Tajima “This is My Territory”
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
Feb.8(Sat)〜 Mar.1(Sun)2019, closed on Mondays to Wednesdays (Feb.11 and Feb.24 are open)
12:00〜18:00 (Feb.14(Fri): 14:00〜, Feb.21(Fri): 16:00〜)


《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2010年09月07日

review:あるがせいじ展《9/6》

review:あるがせいじ展《9/6》mirror

あるがせいじ展
@巷房・2
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビルB1F
03-3567-8727
9/6(月)〜9/11(土)
12:00〜19:00(最終日:〜17:00)
あるがせいじ100906.jpg

Aruga Seiji Exhibition
@Kobo 2
1-9-8-B1F,Ginza,Chuo-ku,Tokyo
03-3567-8727
9/6(Mon)-9/11(Sat)
12:00-19:00(last day:-17:00)
Google Translate(to English)



巷房・2でのあるがせいじさんの個展です。

この展覧会の会期が1週間なのはホントにもったいない...。
出展されている作品数こそ4点と少ないですが、それぞれの作品からあるがさんの真骨頂と新展開とが感じられ、充実した構成となっているように思えます。


お馴染みの、スクエアの画面のなかに複雑なカットが施された紙が重ねられた作品。


あるがせいじ_12.JPG



1枚1枚に残る紙のラインの緊張感に意識が引き込まれていきます。
それぞれ垂直方向と水平方向とにストレートに走り、垂直に交錯していくライン。そのひとつひとつはむしろ「張っている」ような感触もあり、それがもとは1枚の紙である、という事実を忘れさせてくれるほどにシャープなイメージが放たれているようにも思えます。
それが幾重にも重なることで平面としての縦と横の関係性に物理的な奥行きが加わり、画面のなかに壮大なスケールを連想させる圧巻の空間が生み出されていて、その高密度の構造に魅せられます。
さらにその紙にプリントされた無機的な画像が、複数の紙による陰影と絡み合っていっそうミニマルな世界が創出されているように感じられます。


あるがせいじ_11.JPG

あるがせいじ_10.JPG



新たな展開を思い起こさせるユニークな作品。
遠目で眺めると、それこそミニマルな世界の極地というか、まるで手描きで白地に大小の黒のドットが配置された抽象的な平面作品に見えて、不思議な印象を抱きます。


あるがせいじ_09.JPG



それを至近であらためて眺めると、そのドットのひとつひとつに奥行きが...。
どうやらストレートに奥へと伸びているようではなく、少しずつ斜めに構築されているような印象で、そのことに斬新さを感じます。この奥へのイメージがぐん、と深まり、重厚な感触が迫ってくるような...。
表層の部分がこれほどシンプルなあるがさんの作品はこれまでお見かけした記憶がなく、考え抜かれた無機的で冷静な構造がくっきりとした輪郭のイメージを生み出している印象の作品が大勢を占めるなかで、こちらの作品はひときわその手仕事の部分が際立ち、これまでにない抽象的なイメージに溢れているのが面白く感じられます。


あるがせいじ_08.JPG



立体作品が1点。
コンパクトな空間のほぼ真ん中に設置された台上に、一見しただけでその世界観に魅せられてしまうほどの凄まじく複雑な構造が聳えています。


あるがせいじ_07.JPG



500枚を超える紙が重ねられて構築される圧巻の構造。
それほど大きな作品ではないにもかかわらず、いやむしろ、だからこそ、重なった紙の段差が導き出すアグレッシブな表層や、上から下へと視線を流していって奥まっていく部分と突出してくる部分とがさらに複雑な空間性にイマジネーションが刺激され、一気に引き込まれていきます。


あるがせいじ_06.JPG

あるがせいじ_05.JPG



時間を忘れて眺めていると、いろんなことに気付かされるというか、「もしかしたら・・・」ということが思い浮かんできます。その感覚はぜひとも実際にご覧いただいて感じてほしいのですが、そういって思い浮かんだことがどんどんと「間違いない」と確信に変わっていく感じがまた楽しいんです。


あるがせいじ_04.JPG あるがせいじ_03.JPG

あるがせいじ_02.JPG



とにかく、無数の発見と刺激が満ち溢れているように思えます。
手仕事によるカットによってあの1mm以下のサイズをコントロールし、創出されるさまざまな構造は、その随所で信じ難いほどのレベルの精度と手仕事だからこそ微細なズレがせめぎあっていて、それが独特の凄みを放っているように感じられます。

冒頭の繰り返しになりますが、この展覧会は会期が今週土曜日まで。ぜひとも多くの方に実際にご覧いただき、至高のペーパーワークによる凄まじい構造から刺激を受けていただきたいと思う次第です。


あるがせいじ_01.JPG
posted by makuuchi at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック