《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
井上七海 個展「EQUABLE 」
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
10/16(土)〜10/31(日)月火水休
木金:14:00〜18:00、土日:12:00〜18:00
プレスリリース
インスタレーションビュー

NANAMI INOUE SOLO EXHIBITION “EQUABLE”
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
October 16(Sat)〜October 31(Sun) closed on Mondays to Wednesdays
Thursdays and Fridays:14:00〜18:00, Saturdays, Sundays and holidays:12:00〜18:00
installation views

《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2010年07月24日

review:忽那光一郎 風速0《7/2、7/3、7/17》

review:忽那光一郎 風速0《7/2、7/3、7/17》mirror

忽那光一郎 風速0
ラディウムーレントゲンヴェルケ
東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17
03-3662-2666
7/2(金)〜7/31(土)日月祝休
11:00〜19:00

Koichiro KUTSUNA "Wind Speed 0"
Radi-um von Roentgenwerke AG
2-5-17, Nihonbashi Bakuro-cho,Chuo-ku,Tokyo
03-3662-2666
7/2(Fri)-7/31(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
11:00-19:00
Google Translate(to English)



ラディウムーレントゲンヴェルケでの忽那光一郎さんの個展です。

ひたすらに追求される世界観は初めて拝見した時から一貫しているように思えます。そしてそのストイックさが、高いアベレージでの写真作品を発表し続ける原動力になっているようにも感じられ、今回も展示を拝見してその説得力にただ感嘆させられた次第です。


忽那光一郎_09.JPG



撮影される重厚な夜景。
さまざまな建造物や風景と、その夜空に走る閃光、そこに沿って灯る光のドット。忽那さんの作品には欠かせない要素は、無論今回発表されているすべての作品に収められ、一目見ただけで忽那さんの世界と分かる構成が、ギャラリーの階段を上って作品を目にした瞬間からこちら側の感覚をその世界へと引き込んでくれます。


忽那光一郎_08.JPG

忽那光一郎_07.JPG



陸地に広がる、もとい横たわる情景の輪郭の重厚さに痺れます。
コンビナートの機能を徹底して追求された構造が視覚にもたらす硬質なイメージ。重力にのみひたすら従い、そこに鎮座するその静かな佇まいが、写真のなかではただ淡々とそこにあり、しかし圧倒的な存在感をじっくりと醸し出しながら、そして無言で語りかけてくるように思えます。


忽那光一郎_06.JPG

忽那光一郎_05.JPG



人工物と自然物とのコントラストが不思議な情景となって迫る作品も。
山並みの輪郭の有機的なイメージと、おそらくそれすらも人の手が入っていて削り出されているかもしれない、すなわち工場などと同じく無機質な姿であるという連想が、そこにとりあえずは、少なくとも人工物との対比として自然物の姿を晒しているのにも関わらず、どこか冷徹な気配を奏でているように思えて、その独特の雰囲気にも惹かれます。
その一方で、圧倒的な自然物である夜空も、そこに数本のおそらくは飛行機の放つ閃光の、何らかの数式で導き出されたかのようなシャープな直線や弧が、むしろ図面のような硬質な雰囲気を醸し出しているように思えるのも興味深く、さらにイメージが入り込み、夜空の微妙なグラデーションさえも無機的な歪みにも思えてくるのが面白く感じられます。


忽那光一郎_04.JPG 忽那光一郎_03.JPG

忽那光一郎_02.JPG



尋常でない説得力がそれぞれの画面から力強く放たれ、がっしりとした額装も相まって普段よりも重力の感覚が強く感じられるような錯覚さえ思い浮かんできます。
とにかく、相変わらずの格好良さに感服です。


忽那光一郎_01.JPG


posted by makuuchi at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。