《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
井上七海 個展「EQUABLE 」
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
10/16(土)〜10/31(日)月火水休
木金:14:00〜18:00、土日:12:00〜18:00
プレスリリース
インスタレーションビュー

NANAMI INOUE SOLO EXHIBITION “EQUABLE”
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
October 16(Sat)〜October 31(Sun) closed on Mondays to Wednesdays
Thursdays and Fridays:14:00〜18:00, Saturdays, Sundays and holidays:12:00〜18:00
installation views

《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2010年07月24日

review:川北ゆう −ゆらぎのあと 景色をそそぐ−展《7/2、7/17》

eview:川北ゆう −ゆらぎのあと 景色をそそぐ−展《7/2、7/17》mirror

川北ゆう −ゆらぎのあと 景色をそそぐ−展
INAXギャラリー2
東京都中央区京橋3-6-18 INAX:GINZA 2F
03-5250-6530
7/2(金)〜7/28(水)日祝休
10:00〜18:00
川北ゆう100702.jpg

Yu Kawakita exhibition
INAX GALLERY 2
3-6-18-2F,Kyobashi,Chuo-ku,Tokyo
03-5250-6530
7/2(Fri)-7/28(Wed) closed on Sunday and national holiday
10:00-18:00
Google Translate(to English)



INAXギャラリー2での川北ゆうさんの個展です。

以前より存じ上げていて、ようやく作品を実際に拝見できて感無量。もといあらためてstudio90での展示などを見逃していたことを後悔したりもするのですが、たった3点のみの出品ながら、圧倒的な世界が繰り広げられていて、涼しさと混沌とが交錯しながら展開していく壮大なスケール感に浸り、そこから無数の発見を導いていくのがとにかく楽しく感じられます。

ギャラリーの入り口脇のウィンドウに1点展示されている作品。
画面の上を揺らめくように這う線が、実に不思議なリズムを奏でているように思えます。美しい下地の白により、そこに乗る線の青は映え、1本1本の輪郭もシャープに表出されています。


川北ゆう_17.JPG



メインスペースには、床置きの大作が2点、整然と・・・たった2点でもそう表現したくなるほどに・・・並んで展示されています。それだけで充分に、深遠な雰囲気が創出されているように思えます。

グリーンの線が這う作品。


川北ゆう_16.JPG



この「精巧に歪む」といった感触の線は、その制作行程も実にユニークのようで、全体としておおらかに線が流れているなかで、至近で眺めると細微な波形すら、線同士が精密に並行関係が保たれているのがとにかく面白いリズムを醸し出していて、それが興味深い世界観をもたらしているように感じられます。
こちらの作品もこのサイズでありながら画面の仕上がりが圧倒的に美しく凛としていて、その風合いがこれほどの密度で導き出されている混沌にすら、清々しい印象をもたらしてくれているようにも思えます。




川北ゆう_15.JPG
川北ゆう_14.JPG 川北ゆう_13.JPG

川北ゆう_12.JPG



青の線が展開する作品。
「水」を連想させる青という色彩が、よりその涼しげで瑞々しい臨場感を前面に強く押し出しているように感じられます。


川北ゆう_11.JPG

川北ゆう_10.JPG



至近で眺めたときに視界が捉える、凄まじいほどに密集している線の混沌。微妙な差異の太さの線が並行に流れ、それらが同調しながら複雑な波形を導き出している様子に、ミニマムな表情への好奇心が膨らんで、意識がぐんぐんと入り込んでいきます。


川北ゆう_09.JPG

川北ゆう_08.JPG 川北ゆう_07.JPG 川北ゆう_06.JPG 川北ゆう_05.JPG

川北ゆう_04.JPG



画面の外へと流れ落ちる線、その質感にも感じ入る次第。画面表面の混沌からの側面へと向かい、そこで引かれる線のすうっと重力に導かれていくような表情に、どこか儚げで繊細な気配が思い起こされます。


川北ゆう_03.JPG

川北ゆう_02.JPG



俯瞰した時のスケール感と、至近で眺めたときの複雑さ、その両面における面白さが堪らないです。
クールなミニマルさが充満する、幻想的で繊細な抽象世界。例えば他の色彩ではどういうイメージが得られるだろう、などと想像するとまた楽しくなってきます。


川北ゆう_01.JPG


posted by makuuchi at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。