《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
堀川すなお 個展「解釈と行為 -サディア(19)パキスタン・イスラム共和国-」
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
7/17(土)〜8/1(日)月火水休
木金:14:00〜18:00、土日祝:12:00〜18:00
プレスリリース
インスタレーションビュー

SUNAO HORIKAWA SOLO EXHIBITION
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
July 17(Sat)〜August 1(Sun) closed on Mondays to Wednesdays
Thursdays and Fridays:14:00〜18:00, Saturdays, Sundays and holidays:12:00〜18:00
installation views

《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2010年07月17日

review:八木貴史「ゆめうつつ」《7/3》

review:八木貴史「ゆめうつつ」《7/3》mirror

八木貴史「ゆめうつつ」
YUKA CONTEMPORARY
東京都文京区関口1-30-9
03-5272-2476
7/3(土)〜7/24(土)日火休
11:00〜19:00
八木貴史100703.jpg

Takafumi Yagi "Yume Utsutsu"
YUKA CONTEMPORARY
1-30-9,Sekiguchi,Bunkyo-ku,Tokyo
03-5272-2476
7/3(Sat)-7/24(Sat) closed on Sunday and Tuesday
11:00〜19:00
Google Translate(to English)



YUKA CONTEMPORARYでの八木貴史さんの個展です。
立て続けに展示が開催され、その度に観る人々の目を楽しませてくれる八木さん、今回も色鉛筆のオブジェを空間に配し、楽しいインスタレーションを創り出しています。


八木貴史_23.JPG 八木貴史_22.JPG 八木貴史_21.JPG

八木貴史_20.JPG



置物然としたシンプルなかたちが、何ともいえないかわいらしい風合いを醸し出しています。


八木貴史_19.JPG



色鉛筆の工業製品としての整然とした構造によって導き出される美しいパターン。表面に現れる色面のかたちの伸びて縮んで、といったユーモラスな感じも、あた木と芯とのコントラストも楽しいんです。


八木貴史_18.JPG 八木貴史_17.JPG 八木貴史_16.JPG

八木貴史_15.JPG



ひとつの棚に大小のオブジェが2点。
すっと縦に伸びる構造が、凛とした佇まいとなって迫り、新鮮なインパクトを届けてくれます。


八木貴史_14.JPG 八木貴史_13.JPG

八木貴史_12.JPG



トロフィーを彷彿させるかたちの作品、真っすぐに長い色鉛筆が地面に対して垂直に凝縮され、縦の動線がシャープに美しく導き出されているのがまた清々しく、痛快に感じられます。


八木貴史_11.JPG 八木貴史_10.JPG 八木貴史_09.JPG

八木貴史_08.JPG



今回もっとも大きな作品は、カップを思い起こさせるかたちで、台の上におかれて展示されています。


八木貴史_07.JPG



塊となった色鉛筆は、その表面が滑らかな曲面に削り出されることで実に豊かな表情となって現れます。側面の長く伸びる芯の色面も、上から眺めた時のさまざまな色彩のドットが凝縮しているような感じも、それぞれに見応えがあって、またそれが色鉛筆と分かるのも色鉛筆に対する楽しいイメージをそのまま届けてくれて、独特のやさしい深みを奏でているように感じられます。


八木貴史_06.JPG 八木貴史_05.JPG 八木貴史_04.JPG 八木貴史_03.JPG

八木貴史_02.JPG



八木さんの高い精度で創り上げられる色鉛筆の作品を拝見する度に、それ自体の面白さだけでなく、アイデアのユニークさにも感じ入ります。
「色鉛筆をこうすれば面白いビジュアルが得られる」というイメージの幅広さに、そしてそれを実現させてしまうバイタリティにも感服させられます。
ファイルと拝見するとこの手法に特化されているというわけではなく、多彩なメディアへのアプローチもこれまでになされていて、このイマジネーションがこれからどんなクリエイションを生み出していくかに対しても好奇心が強く刺激されます。今後の展開もホントに楽しみです。


八木貴史_01.JPG


posted by makuuchi at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。