《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
松宮硝子「New life」
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
8/8(土)〜8/30(日)月火水・8/11〜8/19休
12:00〜18:00(8/21(金)は16:00〜)

Shoko Matsumiya “New life”
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
Aug 8(Sat)〜Aug 30(Sun) closed on Mondays to Wednesdays (summer holidays: Aug 11-19)
12:00〜18:00 (Aug 21(Fri): 16:00〜)


《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2010年07月10日

review:αM2010『複合回路』Complex Circuit Vol.2 早川祐太《6/12、7/3》

review:αM2010『複合回路』Complex Circuit Vol.2 早川祐太《6/12、7/3》mirror

αM2010『複合回路』Complex Circuit Vol.2 早川祐太
gallery αM
東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビルB1F
03-5829-9109
6/5(土)〜7/10(土)日月祝休
11:00〜19:00
早川祐太100605.jpg

αM2010 Complex Circuit vol.2 − Cognitive Interstice Yuta HAYAKAWA
gallery αM
1-2-11-B1F,Higashi-kanda,Chiyoda-ku,Tokyo
6/5(Sat)-7/10(Sat) closed on Suncay,Monday and national holiday
11:00-19:00
Google Translate(to English)



gallery αMでの早川祐太さんの個展です。
早川さんの作品はWAKO WORKS OF ARTでの二人展、武蔵野美術大学での修了制作で拝見していて、展開される現象がなんとも不思議な心地よさをもたらしてくれたのが印象深く、その雰囲気は今回の個展でもしっかりと、そしてそのユニークな表現も遺憾なく発揮されていて、何というか、さまざまな清々しい刺激に満ちた空間が創り出されているように感じられます。

入って「何だろ、これ?」と思わずにいられない有機的な白の塊。
ギャラリーの入り口手前にも置かれていて、ギャラリーの中にもずらりと並べて置かれている物体は不思議なインパクトを放っています。


早川祐太_22.JPG



風船の中に石膏を注ぎ込んで硬化させたらしいものだそうで、眺めているとその表面の滑らかさのかげで硬軟のイメージがなかなか湧かない、掴めないのが面白いです。実際は躓くと普通に痛いくらいの重さとのこと...。


早川祐太_21.JPG



これまでの展示でも発表されたクリエイションも登場しています。
淡々と水平を保つ白のプレート、この安定感に見とれます。


早川祐太_20.JPG 早川祐太_19.JPG

早川祐太_18.JPG



回転する液体入りの容器。
提示されているのはシンプルな現象なのに、眺めていて飽きない感じなのが不思議で。
おそらくシンプル「だからこそ」「楽しい、心地よい」のかも、といった印象も。


早川祐太_17.JPG 早川祐太_16.JPG

早川祐太_15.JPG



壁面から伸びる棹。
こちらは特に仕掛けがあるわけではなく、ただ壁面に設置されているだけのようで、重力によって程よくしなる棹が導き出すおおらかな弧が凛とした美しさを放っているように思えます。これもまた、眺めていられる感じなのが嬉しくなってきます。


早川祐太_14.JPG 早川祐太_13.JPG

早川祐太_12.JPG



唐突に立っている角材。
むしろこれは、仕掛けがないのが痛快です。実際にもたれ合って立たせているだけだそうで、まったくではないとのことなのですが、人が通っても案外倒れることもないというのもなんだか面白く感じられます。


早川祐太_11.JPG

早川祐太_10.JPG



今回の展示でひときわ目を惹くのが、まずこの水槽。
こちらに展開されている現象のかわいらしい感じが堪らない!


早川祐太_09.JPG



水面に浮かぶ輪っかに向かってひたすら浮かんでいく水泡。これがきっちりと輪の中へと収まっていくのがなんとも...。
たったこれだけの、何の変哲もない仕掛けによってもたらされる秩序にとにかく不思議な印象を覚え、またその現象の律儀さがどうしようもなく痛快に思えます。動きがあることもあって、余計に長いこと眺めていられるインスタレーションです。


早川祐太_08.JPG



もうひとつは、展示空間内に巡らされるチューブによるインスタレーション。


早川祐太_06.JPG



チューブ内には水が入っていて、それは下の動力によってひたすら流動しています。


早川祐太_07.JPG



そしてこのチューブを辿ると、白のボックスに辿り着きます。
チューブの端からボックスの上に落ちる水滴は、その対角にある穴へとするりと転がっていきます。
この感じもまた、先の水泡と同じく律儀で秩序だっていてそれがとにかく不思議で愛おしく、眺めていて何ともいえない痛快な気持ちに満たされます。


早川祐太_05.JPG 早川祐太_04.JPG 早川祐太_03.JPG

早川祐太_02.JPG



さまざまなかたちで提示される「現象」の面白さ。
早川さんが子どもの頃に川などで遊んだときに観た現象、得た経験を、独自の手法で作品化し、空間に落とし込んでいるとのことで、それぞれの作品はいわゆる装飾的な要素はほぼ排除され、しかし独特の機能美が生み出されているようにも思えます。そういった要素が入り組む空間自体は、それぞれがほぼ白で統一されていることもあってか、未来的な感触も彷彿させながら、いわゆる自然物やそれを直接的に連想させるものこそないものの、清々しい爽やかな雰囲気で満たされていて、それもまた心地よく感じられます。


早川祐太_01.JPG
posted by makuuchi at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック