《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
井上七海 個展「EQUABLE 」
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
10/16(土)〜10/31(日)月火水休
木金:14:00〜18:00、土日:12:00〜18:00
プレスリリース
インスタレーションビュー

NANAMI INOUE SOLO EXHIBITION “EQUABLE”
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
October 16(Sat)〜October 31(Sun) closed on Mondays to Wednesdays
Thursdays and Fridays:14:00〜18:00, Saturdays, Sundays and holidays:12:00〜18:00
installation views

《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2010年04月22日

review:大久保如彌「もういいかい? もういいよ。」《4/3、4/10》

review:大久保如彌「もういいかい? もういいよ。」《4/3、4/10》mirror

大久保如彌「もういいかい? もういいよ。」
GALLERY MoMo Ryogoku
東京都墨田区亀沢1-7-15
03-3621-6813
4/3(土)〜4/24(土)日月祝休
11:00〜19:00
大久保如彌100403.jpg

Naomi OKUBO "Marco? Polo!"
GALLERY MoMo Ryogoku
1-7-15,Kamezawa,Sumida-ku,Tokyo
03-3621-6813
4/3(Sat)-4/24(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
11:00-19:00
Google Translate(to English)



フレッシュな色彩と、さらに上がる緻密さとで展開される、危うげなファンタジー。



GALLERY MoMo Ryogokuでの大久保如彌さんの個展です。
前回の個展や昨年の101 Tokyoなどでもその鮮やかな色彩感と丁寧な描写のペインティングが印象に残る大久保さん、今回の個展ではその描写の精度や密度が格段に増した感じで、ぞれがまず何より嬉しく思えます。

ぱっと目にした時の春めくような軽やかな色彩感。ふわりと高揚する感じが心地よくて、その明るい心持ちから絵の世界へ入っていくと、だんだんそこで繰り広げられている状況のシュールさが感じられてなんとも不思議な気持ち、敢えて言うとやわらかな動揺がもたらされるように思えます。下着姿の女の子たちが花を纏う、そしてそのひとりひとりに匿名性が保たれていて、彩りが醸し出す華やいだ気配とは裏腹に、全ては幻想じゃないか、というような緊張感も思い起こされるような気がします。


大久保如彌_25.JPG 大久保如彌_23.JPG 大久保如彌_24.JPG 大久保如彌_22.JPG

大久保如彌_21.JPG



今回発表されている大作では、一様に登場する女の子の表情が隠されていて、それも絵の世界を現実感から遠ざけている一因のように思えるのも興味深いです。
それとは別に、描写の細やかさに大いに惹かれます。細微なストロークの集積によって描き上げられる、例えばこの下の作品であれば絨毯や女の子が着るワンピースの柄などの模様の緻密さ。ひとつひとつの色はどれだけ細かくても弾けてるような発色で、それぞれが絵の中での存在感を互いに際立たせているように思えます。
加えて、マチエルの立体感も面白いです。僅かな段差で盛り上げられる部分などが随所に現れ、硬質に構築されるような独特の油絵の具の立体感も、絵の世界をよりシャープに押し上げているような気もしてきます。


大久保如彌_20.JPG 大久保如彌_19.JPG 大久保如彌_18.JPG

大久保如彌_17.JPG 大久保如彌_16.JPG 大久保如彌_15.JPG

大久保如彌_14.JPG



危うさと背中合わせのファンタジー。その危うさが、ただでさえ美しいという点で充分に引き込ませてくれる絵の世界にさらに濃い気配をもたらします。おそらくその中にホントに入ったら、その絵の中の虚構をより体感するのだろう、と...。


大久保如彌_13.JPG 大久保如彌_12.JPG 大久保如彌_11.JPG 大久保如彌_10.JPG

大久保如彌_09.JPG



一見、鏡に映っている女の子の姿を描いたような小品も。
こちらでも匿名性が保たれて、届かない場所から女の子の姿を覗いているかのような、どこか危ういイメージももたらされるように思えたり。


大久保如彌_08.JPG 大久保如彌_07.JPG

大久保如彌_06.JPG



奥のスペースでは、一転して表情が丁寧に描写されたドローイング作品が並びます。さまざまな表情のかわいらしい男の子(だと思います)、そこに金色の線描によるパターンが重なって、なんとも不思議な雰囲気が生み出されているように思えます。


大久保如彌_05.JPG 大久保如彌_04.JPG 大久保如彌_03.JPG

大久保如彌_02.JPG



振り返って見つかる立体作品も。
展示されている場所が面白くて、見つけられた時の嬉しさもひとしお。
作り込みの丁寧さとやはり隠される顔とで、絵の世界観がしっかりと立体に起こされているように思えるのも印象的です。


大久保如彌_01.JPG



展示作品数こそ少ないものの、そのひとつひとつにかけられた手間というか、圧巻の密度で紡がれていく色彩感豊かな幻想的な世界を充分堪能した次第です。


posted by makuuchi at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。