news

upcoming exhibiton

current exhibiton
照井譲「On Planes」
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
4/14(土)〜4/30(月)月火水休(4/30開廊)
12:00〜18:00(4/20:16:00〜)
プレスリリース

Yuzuru Terui “On Planes”
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, CHiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
14 April(Sat)〜30 April(Mon)closed on Mondays, Tuesdays, and Wednesdays(30 Apr is open)
12:00〜18:00(4/20:16:00〜)
press releace

past exhibiton

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
MORITAKAとシェア)(google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
(sharing the space with MORITAKA)(google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2009年12月15日

review:町田夏生展 -MURMUR-《11/14》

町田夏生展 -MURMUR-
YOD Gallery
大阪府大阪市北区西天満4-9-15
06-6364-0775
11/14(土)〜12/5(土)日月祝休
11:00〜19:00
町田夏生091114.jpg

Natsuki Machida -MURMUR-
YOD Gallery
4-9-15,Nishi-Tenma,Kita-ku,Osaka-shi,Osaka-fu
06-6364-0775
11/14(Sat)-12/5(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
11:00-19:00
Google Translate(to English)



YOD Galleryでの町田夏生さんの個展です。
女の子に花柄のモチーフが重ねられ、大胆な配置と配色によっておおらかで可愛らしさと危うさとが背中合わせの独特の空間を導き出す、そういう印象があるのですが、今回は作品によっては女の子が登場せず、花柄だけの抽象性を増した世界が展開されていて,直接的な人の気配が消えた作品の風合いも実に興味深く感じられる次第です。


人物,女の子が登場する作品は、まずは町田さんらしさが満ち満ちていて、キュートな色の広がりとかわいらしさの絢爛風味が独特の深い雰囲気をもたらしています。
さらに目のなかから溢れる花や、幾重にも重なる明るく鮮やかな色彩の花弁から、ぬうと現れるような可憐な手。妖し気な表情や仕草を紡ぎ出しているように思えて、この気配に引き込まれていくんです。


町田夏生25.JPG 町田夏生24.JPG 町田夏生23.JPG 町田夏生22.JPG

町田夏生21.JPG



そして今回は、花柄だけで構成された大作が。
独特の増殖する感じが、高まる抽象性によってさらに濃密に展開しているように思えます。
描かれる1枚1枚の花弁のグラフィカルな面白さ,そしてそのひとつひとつが動き,蠢いているかのような不思議な感覚も伝わってきます。儚げで可憐な風合いと生命の感触に溢れる濃い雰囲気との混在。咲き乱れゆく花の群生、変化し続ける情景。そのある瞬間を捉えたかのような臨場感にも圧倒されます。


町田夏生20.JPG 町田夏生19.JPG 町田夏生18.JPG 町田夏生17.JPG

町田夏生16.JPG



暖色系の鮮やかな色彩が溢れる作品が多いなかで,画面の多くを無彩色で占める作品が、この展示空間に冷静な気配を挿入してきます。
画面いっぱいに広がるような展開もこの作品では抑えられ、背景の白の静かな感じ、冷静な雰囲気、そしてぐんぐんと画面手前のほうへ迫るように増殖し続けているような花柄の力強さ。重力の方向のイメージもずらされ、盛り上がり続ける花の向きに引きずられていくかのような錯覚も浮かんできます。


町田夏生15.JPG 町田夏生14.JPG 町田夏生13.JPG 町田夏生12.JPG

町田夏生11.JPG



ひとつの壁面に散らばるようにして,小作品が展示されているのも楽しげです。
これまでの肖像的な作品から、人物が登場しない抽象性の高いものまでバラエティに富んでいて,しかし町田さんらしい独特のメロウな感じがしっかりと伝わってきます。


町田夏生10.JPG 町田夏生09.JPG 町田夏生08.JPG

町田夏生07.JPG



なかにはちいさなビーズ粒子のような素材も取り込まれた作品も。
画面の力強い曲線のうねりとの存在のギャップが不思議な空間性を導き出しているように思えます。


町田夏生06.JPG

町田夏生05.JPG



可愛らしさとアバンギャルドさとが伝わる立体の作品も。
艶やかな仕上がりが不思議な臨場感を醸し出します。色の取り入れかたや花柄の展開していく様子が3次元で提示されること、ああ、こういうふうになっているんだ,という気付きも嬉しいです。
棚に設置されるちいさな敷き台に用いられる柄も、雰囲気を盛り上げる要素のひとつとなっています。


町田夏生04.JPG 町田夏生03.JPG

町田夏生02.JPG



何より次から次へと湧いてくる感じ、増殖するイメージが、独特の色彩感で満たしていく軽やかな雰囲気に妖しげで危うい気配を導き出していく感じは、昨年暮れから今年始めに開催されたBuknamura Galleryでの2人展で拝見した時よりも強く感じられたのが印象的です。
かわいらしい色彩の多用で描き上げられるおおらかでファンタジックな情景はポジティブなイメージを膨らませ、一方で増殖感が感性を呑み込んでいくような感じ、引きずり込まれるような感じも。

それぞれの場面で表現されている「瞬間」は、目を離したらもしかしたら変化ているかもしれない、ひとつぐらい花が,花弁が増えているかもしれない、そういう動的なイメージに心が掴まれるのも楽しいです。


町田夏生01.JPG
posted by makuuchi at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック