《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
井上七海 個展「EQUABLE 」
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
10/16(土)〜10/31(日)月火水休
木金:14:00〜18:00、土日:12:00〜18:00
プレスリリース
インスタレーションビュー

NANAMI INOUE SOLO EXHIBITION “EQUABLE”
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
October 16(Sat)〜October 31(Sun) closed on Mondays to Wednesdays
Thursdays and Fridays:14:00〜18:00, Saturdays, Sundays and holidays:12:00〜18:00
installation views

《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2009年12月03日

review:土屋仁応「夢をたべる獏が夢みる夢」《11/13、11/21》

土屋仁応「夢をたべる獏が夢みる夢」
MEGUMI OGITA GALLERY
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル4F
03-3571-9700
11/10(火)〜12/5(土)日月祝休
12:00〜19:00
土屋仁応091110.jpg

Yoshimasa Tsuchiya "Dreams a tapir eating dreams dreams of"
MEGUMI OGITA GALLERY
5-4-14-4F,Ginza,Chuo-ku,Tokyo
11/10(Tue)-12/5(Sat) closed on Sunday,Monday an national holiday
12:00-19:00
Google Translate(to English)



MEGUMI OGITA GALLERYでの土屋仁応さんの個展です。

入り口の扉の前に立ち、


小窓から覗くその景色に。



土屋仁応19.JPG



さっそく土屋さんの木彫が醸し出す繊細で無垢な世界観が、こちらの心を包み込んできます。

中へ入ると、勇ましさも感じられるほどに立派な角を持つシカが。
その角の力強い造形とは裏腹に、肢体の表面の独特の淡い質感、何よりその表情の高貴な感触、そして造形全体の滑らかさが、たったこれだけ、佇む姿だけで充分に豊かな物語を醸し出していきます。


土屋仁応18.JPG 土屋仁応17.JPG 土屋仁応16.JPG

土屋仁応15.JPG



優しく横たわる一角獣。
この色香にただただ見とれてしまいます。知性さえ感じられるような表情、その深遠さをたたえる輪郭は、上から下から、あるいは左右と微妙に観る位置を変えるだけでそこから得られるイメージの豊かさに、あらためて圧倒されます。
緩やかでおおらかな弧を描く長い首、立つ耳の鋭さ、前後の足のひずめなど、ていねいに表現されるその肢体の滑らかさ、艶やかさが奏でる芳香の豊かさとスリル、それぞれが濃密伝わってくるように感じられます。

土屋仁応14.JPG 土屋仁応13.JPG 土屋仁応12.JPG

土屋仁応11.JPG



台の上で横たわる仔猫。
その無垢さは神々しく感じられるほどに。閉じられた目、顔立ちの澄んだ感触に、愛でずにはいられない、そんな気持ちにさせられます。


土屋仁応10.JPG

土屋仁応09.JPG



これまで無垢な動物がモチーフとして採用される印象があったのですが、今回の展覧会では人がモチーフとなった作品も数点発表されていて、それが奏でる神々しさはこれまでにないほどに深遠に響き迫ってきます。
眠る人魚の佇まい、その美しさ。鰭の鱗の緻密な彫り上げといい、細微に表現される繊細な指先といい、どの部分に目を向けても感じ入る次第で。


土屋仁応08.JPG 土屋仁応07.JPG 土屋仁応06.JPG

土屋仁応05.JPG



鼻の長い獏、その背にはすやすやと眠る男の子。
おおらかな幻想世界が創出されているように感じられ、ここで紡がれる物語性の大胆さと、無垢な仕上がりを敢えて逆手に取るような仄かなで淡い、そして深いユーモアにも感嘆させられます。


土屋仁応04.JPG 土屋仁応03.JPG

土屋仁応02.JPG



それぞれの作品ごとに備わる物語性が、力強く、しかし自然に意識を引き込んでくれます。むしうその流れに抗わずただ心を委ねて、たゆたう深遠さに沈み込んでいきたい、そう思わせてくれます。

今回の個展は随所で話題になっているようで、このちいさな空間へと初めて足を運ばれる方も多く、僕が伺った時もひっきりなしにさまざまな方が入って来られ、作品を対峙して溜め息にも似た歓声をあげられたり、ただじっとその世界と向き合われたりと、それぞれに土屋さんの作品と出会って過ごす時間をじっくり堪能されているのも嬉しく思える次第です。


土屋仁応01.JPG


posted by makuuchi at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。