《news》

《upcoming exhibiton》

《current exhibiton》
小坂学展
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
11/7(土)〜11/23(月祝)月火水休(祝日開廊)
木金:14:00〜18:00、土日祝:12:00〜18:00
プレスリリース
インスタレーションビュー

Manabu Kosaka
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
Nov.7(Sat)〜Nov.23(Mon) closed on Mondays to Wednesdays (Holidays are open)
Thusdays and Fridays:14:00〜18:00, Saturdays, Sundays and Holidays:12:00〜18:00

installation views

《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2009年02月12日

〜2/8のアート巡り

《2/3》
樋口佳絵 エンシンリョク
西村画廊
東京都中央区日本橋2-10-8 日本橋日光ビル3F
2/3(火)〜2/28(土)日月祝休
10:30〜18:30
樋口佳絵090203.jpg

空間全体を見渡したときに、なぜかしら、これまでと違う雰囲気を感じます。
樋口さんが描く子供や老人たち、こちらの意識を刺すょうに見つめかえす小さな目は変わらない、危険な無垢がそこにあるのですが、いくぶんか、やわらかさ、と言葉に表してしまうと違和感を感じてしまうのですが、異なる雰囲気がもたらされているような印象です。



Ricarda Roggan
ANDO GALLERY
東京都江東区平野3-3-6
2/3(火)〜4/25(土)日月祝休
11:00〜19:00
RICARDA ROGGAN 090203.jpg

ぱっと観て第一印象、正直なところ、森を撮った写真にしか見えず、おおいに戸惑います。整然と空間に配置される大判の写真、ここに提示された情景の「仕掛け」はいったいどこに潜まされているのか、探れども見つけられず。。。

ギャラリーのスタッフの方に伺ったのですが、ここに提示された作品はすべて、道路脇に植林された木々なのだそう。すなわち、人工物で、それが解ると一気にこの世界観に臨場感が分厚く伴ってきます。
画面に収められていないところにガードレールが、標識が、もしかしたらもっと生々しく人の存在を思い起こさせる何かがあると思うと、この深い緑が、人間のエゴに見えてきて、その深いメッセージ性に感じ入ります。



《2/4》
MASAKO
都庁舎と都議会議事堂をつなぐ第一本庁舎3階南側空中歩廊
東京都新宿区西新宿2-8-1
2/4(水)〜2/26(木)土日祝休
9:00〜17:30
MASAKO090204.jpg

Galarie Shoでの展示が強く印象に残っているMASAKOさん、今回はトーキョーワンダーウォールでの展覧会です。
いや、いい!すごくいいんです!
家族の肖像、ステージを描いた作品、黒をベースにダークな雰囲気が画面に充満すると同時にうっすらと広がる寂しさ、そしてあたたかさが、それぞれの情景に奥行きを与えているように感じられます。そして透き通る透明感も独特な雰囲気に拍車をかけます。
また、多数のドローイングをひとつの平面の塊にして展示された作品も面白いです。一見すると脈絡を感じないさまざまな情景が綴られていて、あたかも記憶の断片を綴ったような臨場感が強く伝わります。



三井統 個展
アルスギャラリー
東京都渋谷区神宮前5-13-1 アルス表参道
1/27(火)〜2/8(日)月休
11:00〜19:00(最終日:〜17:00)
三井統090127.jpg

ちいさな画面に繰り出されるミニマムな世界。毎年この時期に開催されている三井さんの個展、今回も変わらぬ面白さがそれぞれの画面に凝縮されています。


三井統201.JPG

三井統202.JPG



パネルの作品、余白と細密とのコントラストが面白く、加えて線をフォローする影がシャープな深みを創出しています。


三井統203.JPG 三井統204.JPG 三井統205.JPG 三井統206.JPG

三井統207.JPG



ハガキサイズのラミネートされた作品、パネルの作品と、真新しい展開こそ特にないものの、圧倒的にかっこいい世界に今回も魅了された次第です。


三井統208.JPG

三井統209.JPG



小池一馬展 [Juggler]
clementsalon*workshop
東京都港区南青山4-26-16-B1
2/4(水)〜2/16(月)火休
11:00〜20:00(日祝:10:00〜18:00、最終日:〜18:00)
小池一馬090204.jpg

まるで3人展、いや4人展のような様相です。
木彫、水彩とこれまでも発表されている作風に加え、ペンによるドローイング、さらに新たな展開によるペインティングも出展され、すでに相当な奥行きを感じさせる小池さんの想像性のバイタリティがさらに分厚くなったような印象です。
ペインティングの斬新な質感、ユニークな絵の具の用い方によって放たれる雰囲気は、新鮮、そして鮮烈です!



風間サチコ 昭和残像伝−炭鉱夫編
無人島プロダクション
東京都杉並区高円寺南3-58-15 平間ビル3F
2/4(水)〜3/14(土)祝休
13:00〜20:00
風間サチコ090204.jpg

木版画の渋み、ぬくもりがむしろ過剰に、濃密に醸し出される風間さんの作品群。
今回は炭坑夫をモチーフに、あの独自の味わいのユーモアをふんだんに織り交ぜながら、重たくてでも滑稽な物語が空間に横たわっています。
なんかすごい!って感じに再会できて嬉しい、相変わらずの世界観の切れ味は健在です!



《2/5》
TAKA新作写真展「vital -kissing tree-」
hpgrp GALLERY 東京
東京都渋谷区神宮前5-1-15 CHビルB1F
2/6(金)〜3/1(日)
11:00〜20:00
TAKA 090206.jpg

hpgrp GALLERY 東京の移転第一弾、TAKAさんの写真展です。
昨年の色彩が滲む作品群の印象から一転、今回は額に収められたモノクロームの写真作品が一列に並び、沈み込むような静謐が空間に満ちています。


TAKA01.JPG TAKA02.JPG TAKA03.JPG TAKA04.JPG

TAKA05.JPG



モノトーンの色調が、山の様々な風景に潜む無数のかたちの鋭さを際立たせ、あるいはゆったりと流れる時間の存在を引き出し、ずっしりとした世界観をもたらしているように感じられます。
ストイックな美しさが強く印象に残ります。


TAKA06.JPG



debut! ver. TOMOYO KAWASE 川瀬知代個展
谷門美術
東京都港区北青山3-3-7 第一青山ビル1F
2/6(金)〜2/27(金)日月祝休
13:00〜19:00
川瀬知代090206.jpg

キュンキュンなクリエイションが小さな空間のそこかしこに溢れています!
ペインティングの仄かなキッチュさといい、くねくねとした樹脂製のオブジェのイージーな多佇まいに触れ「かわいいんですけどチクショー」みたいな気持ちがわいてきたりと、楽しいクリエイションが展開されています!



《2/6》
上條花梨「There...,that station」
MEGUMI OGITA GALLERY
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル4F
2/6(金)〜2/28(土)日月祝休
12:00〜19:00
上條花梨090206.jpg

独自の表現に磨きがかかり、さらに増す精度。
加えて、用いられる色彩にも広がりがもたらされて、その世界観がより豊かになったような印象が嬉しいです。
実際に作品を拝見すると、緊張しているのがむしろ愛くるしく感じられる子どもの肖像や、広がる風景に存在する現実からの乖離を思わせる要素など、それぞれの作品でのバランス感覚も大変興味深いです。



金崎由紀子展 いつくしいめ
ギャラリーなつか
東京都中央区銀座5-8-17 GINZA PLAZA58 8F
2/2(月)〜2/7(土)
11:30〜18:30(最終日:〜17:30)
金崎由紀子090202.jpg

ボールペンで緻密に紡がれる細かい線の集積。ところどころに言葉やセンテンスが織り込まれ、聳える荘厳な情景のなかにさまざまな思いが潜んでいます。
その言葉があらわすのが、金崎さんが世話をした牛たちのさまざまな出来事で、画面の下部にはそれらの認識番号と最期が書き留められていて、それがこの作品に豊かな深みをもたらしているように感じられます。


金崎由紀子01.JPG 金崎由紀子02.JPG 金崎由紀子03.JPG

金崎由紀子04.JPG



ギャラリーの壁面に設置された棚には、牛たちを描いたドローイングが纏められて展示されていました。


金崎由紀子05.JPG



抽象的な世界観が印象に残ります。牛たちとの関わりがこの風合いをもたらしている感じも、金崎さんの誠意が伝わってくるような気がした次第です。


金崎由紀子06.JPG 金崎由紀子07.JPG 金崎由紀子08.JPG

金崎由紀子09.JPG



山崎怜太展 -Light Classic-
フタバ画廊
東京都中央区銀座1-5-6 福神ビルB1F
2/2(月)〜2/8(日)
11:00〜19:00(最終日:〜16:00)
山崎怜太090202.jpg

面白いです!
圧倒的な写実力をもってして、敢えてそこにズレを挿入することでなんとも言えない不思議な空間性がもたらされているように感じられます。


山崎怜太01.JPG 山崎怜太02.JPG 山崎怜太03.JPG

山崎怜太04.JPG



情景のありふれた感じが、歪みのインパクトをさらに強烈なものに押し上げています。
現実に潜む非現実、そういう世界観が思い浮かんできます。


山崎怜太05.JPG 山崎怜太06.JPG 山崎怜太07.JPG

山崎怜太08.JPG



人が登場し、その気配が物語性に奥行きを与える作品、逆に「もの」のみを描き、単なる具象画とは異なる、なんとも言えない雰囲気を奏でる作品と、それぞれに広がりが感じられます。
もっとさまざまな作品を観てみたい、スキルとアイデアのバランスも絶妙で、今後の展開も楽しみなクリエイションです。


山崎怜太09.JPG 山崎怜太10.JPG 山崎怜太11.JPG

山崎怜太12.JPG



鳥井林太朗展 〜笑いごと〜
和田画廊
東京都中央区八重洲2-9-8 近和ビル302
2/4(水)〜2/15(日)
13:00〜19:00
鳥井林太朗090204.jpg

ちょw

なんだかすごいです、シャレの効かせ方があからさまで独特、という...。
巧みな構成により、画面上で繰り広げられるハイブリッドな世界は、爆発的なユーモアを供え、独特な凄みと強引な説得力とで迫ってきます!



柳ヨシカズ "SIMPLE SHAPE"
不忍画廊
東京都中央区八重洲1-5-3 不二ビル1F
2/4(水)〜2/14(土)日休
11:00〜18:00(土:〜17:00)
柳ヨシカズ090204.jpg

さまざまなものをシンメトリーに描くさん柳ヨシカズの個展です。
その制作のコンセプトはストイックなまでに守られていますが、その雰囲気に奥行きが感じられ、これまでの丸い雰囲気に加え、鋭さや危うさも加味されているように思えます。



伊藤亜矢美 モノタイプ展
不忍画廊
東京都中央区八重洲1-5-3 不二ビル1F
2/4(水)〜2/14(土)日休
11:00〜18:00(土:〜17:00)
伊藤亜矢美090204.jpg

かわいいんです、和紙の上にころころと乗っかる様々な要素、そのリズミカルな感じと木版画特有の朴訥とした風合いが、豊かな味わいと心地よさをもたらしてくれます。



《2/7》
AGC eyes 2:太田三郎を中心に −日常の、アート− 太田三郎、林勇気、寺田就子、寄神くり
ARTCOURT Gallery
大阪府大阪市北区天満橋1-8-5 OAPアートコート1F
1/13(火)〜2/14(土)日月祝休
11:00〜19:00(土:〜17:00)

4名のアーティストのクリエイションがパッケージされた展覧会です。

ずっと観たいと思っていた、寺田就子さんの作品に接することができて嬉しい限り。
台の上に乗るちいさなインスタレーション。水平に置かれた鏡面が、不思議な世界を爽やかに灯らせます。
絶妙のコントロールがなされていて、映り込むちいさな景色の軽やかな驚きがなんとも心地よく。


寺田就子01.JPG

寺田就子02.JPG



遊び心と、そこにピンと張る緊張感とがシャープな世界観をもたらしています。


寺田就子03.JPG

寺田就子04.JPG



床に置かれたバケツ、その上に機影。
斜めに眺めると白い機影が浮かぶだけなのですが、真上から眺めてみると、下に青い影が映っています。
ある角度から観ないと分からない、その行為を促す感じがまた面白いです。


寺田就子05.JPG 寺田就子06.JPG

寺田就子07.JPG



寄神くりさんの刺繍作品。
オーソドックスな刺繍の風合い、さまざまなモチーフを織り込みつつ、パターンのシンプルさ、シンメトリーで色を変えていく巧みさなどが、不思議な味わいを醸し出しています。
もっといろいろと観てみたいです。


寄神くり01.JPG 寄神くり02.JPG 寄神くり03.JPG

寄神くり04.JPG



岩田小龍 -GET WHAT YOU NEED-
帝塚山画廊
大阪府大阪市住吉区帝塚山東1-3-34 PLOTビル1・2F
2/6(金)〜2/27(金)日月休
11:00〜19:00
岩田小龍090206.jpg

かっこいい!
アメリカナイズドされた世界観、ファットな雰囲気が痛快さをもたらしています。
アメリカンコミックからの引用の大胆さ、ローリングストーンンズへのリスペクトなど、ストレートな表現を躊躇なく織り込みながら、さらに支持体の凹凸感のアーシーな感触も加わって、アッパーな雰囲気がもたらされているように感じられます。



大竹竜太新作個展
TARO NASU OSAKA
大阪府大阪市中央区博労町1-8-13-1F
1/16(金)〜3/14(土)木金土のみ
12:00〜19:00
大竹竜太090116.jpg

六本木での個展や東京と大阪で開催されたグループショーで、未来的な世界観が展開されたペインティングが印象に残っている大竹さん、至近のグループショーでの比較的小さな画面で展開されていたコンセプトが、大作からさまざまなサイズで繰り広げられています。
ある共有する近未来の世界観がポッブな雰囲気を放っているように感じられます。



藤田しず香 個展
浜崎健立現代美術館
大阪府大阪市中央区南船場4-11-13 RED BLDG.
2/1(日)〜2/28(土)第1〜第3水休
12:00〜20:00
藤田しず香090201.jpg

コンナカンジ----(@∀@)ーーーー!!!!!

赤い空間を埋め尽くす、目の大きな女の子たち。ぎゅうぎゅう詰めのバイタリティが画面にそのままぶつけられたかのような世界、やりすぎな雰囲気も痛快です!



みとま文野展「PARALLEL CHAOS」
THE THIRD GALLERY AYA
大阪府大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル2F
2/3(火)〜2/28(土)日月休
12:00〜19:00(土:〜17:00)
みとま文野090203.jpg

ドローイング、写真、CGなどをパソコン上でコラージュし、フューチャリスティックな世界がさまざまなリズムとともに繰り広げられています。
透明アクリルのパネルにマウントされ、そのシャープさに拍車がかけられているように感じられるのも面白いです。



Ai Sasaki "GOLDEN"
graf media gm
大阪府大阪市北区中之島4-1-18
12/20(土)〜2/8(日)月(祝日の場合開廊、翌火曜休) ・12/29〜1/5休
12:00〜20:00
佐々木愛081220.jpg

これまで滞在された国内外の景色を描いたドローイングやペインティングが、あのもっとも個展的な空間の各所に展示され、さまざまな空気感が演出されていました。
いろんな臨場感がキュートに紡ぎ出しされていて、不思議な心地よさに満たされていたのが印象に残ります。



冬景'09 小畑公未子 坂本優子 下出和美 杉浦美江 谷澤紗和子 横谷奈歩
MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs+w
京都府京都市南区東九条西岩本町10 オーシャンプリントビル/OAC1F
2/1(日)〜2/21(土)月休
12:00〜19:00
冬景'09 090201.jpg

6名の女性アーティストの作品が並びます。
まず嬉しいのが下出和美さんの作品。
全体的にダークな色調ながら、フレッシュな雰囲気が溢れます!
絵の具の質感、画面から筆が離れる感じも残っていたりして、その辺りの臨場感もいとおしく感じられます。


下出和美001.JPG



昨年の横浜の住宅展示場でのアートフェアに出品された大作が再登場しています。
あのベッドルームの間接照明のなかで拝見したときの雰囲気とはまた異なり、ぱっと明るい光のなかで、新鮮なインパクトが伝わってきます。


下出和美002.JPG



(アーティストの名前をしっかり確認していないのに帰郷してから気付いたため、もし間違っていたらごめんなさい、おそらく大丈夫かと思うのですが・・・)横谷奈歩さんの写真がすごくいい!
自作されたらしい廃墟のジオラマを撮影し、そこに静かに横たわる澄んだ透明感を伴ったダークネス。深いインパクトがもたらされます。
昨年の大阪のホテルでのインスタレーションとも通じる、危うさを抱えるアバンギャルドさ、もっといろんな展開を通じて味わいたいです。


横谷奈歩01.JPG

横谷奈歩02.JPG


posted by makuuchi at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック