news

upcoming exhibiton

current exhibiton
伊藤航 “Segments”
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
11/10(土)〜11/25(日)月火水休
12:00〜18:00

Wataru Ito “Segments”
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, CHiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
10 November(Sat)〜25 November(Sun)closed on Mondays to Wednesdays
12:00〜18:00


past exhibiton

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
MORITAKAとシェア)(google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
(sharing the space with MORITAKA)(google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2009年01月07日

review:千葉正也 新作展「三ツ境」《11/29、12/20》

千葉正也 新作展「三ツ境」
SHUGOARTS
東京都江東区清澄1-3-2-5F
11/29(土)〜1/10(土)日月祝休
12:00〜19:00
1/11(日)臨時開廊、12:00〜17:00
千葉正也081129.jpg

Masaya Chiba new paintings "Mitsukyo"
SHUGOARTS
1-3-2-5F,Kiyosumi,Koto-ku,Tokyo
11/29(Sat)-1/10(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
12:00-19:00
1/11(Sun) 12:00-17:00
Google Translate(to English)



エレベーターを下りた刹那、迫る画面。


千葉正也01



素晴らしくダイナミックなペインティングが視界を覆います。
SHUGOARTSでの千葉正也さんの個展です。


千葉正也02



その独特なスタイルをいきなり超弩級の迫力で提示してくる、凄まじい大作。
そのままのサイズで密林へと誘うかのように...それでいて、その前にそびえるように佇む白い人形の塊が、現実と非現実との酒井を曖昧にどころか。ごちゃ混ぜにしてしまっているかのような、不思議なイメージのベクトルをもたらしてくれるような印象です。
しかもこのサイズ。イメージの「像」は限りなくはっきりとしているのに、それが現実なのか幻想なのか、真実なのか虚なのか...複雑な混乱で脳内が満たされるような感覚です。


千葉正也05 千葉正也06 千葉正也07 千葉正也04

千葉正也03



ペインティングとしてはアクロバティックなスタイルの作品が次々と登場します。
背景ののどかな冬景色と、やはりその前に佇む白い像。色調の雰囲気が背景と像とで合っている感じが、さらにそれぞれの世界観との差異を近づけ、違和感が失せるぶんだけ、全体としての世界観の不思議さをより強く感じさせてくれます。


千葉正也10



入り口の作品と比べるとさすがにおとなしいサイズながら、その状況のシュールさが何とも言えない混乱をもたらすような作品。
前に存在する彫刻の目からは涙がほとばしり、しかしそれが下方からのホースで供給されているところまでしっかり描かれているのが、これ自体のリアリティを立ち上げていて、その涙へのイメージも何とも言葉に表現し難い曖昧な感触となって湧いてくるんです。
衝立て状の展示も、枠からはみ出してそのままのキャンバス地も、鑑賞者側の世界と絵の世界との距離を独特なものにしているような感じがします。


千葉正也09



背景の具体的な世界から一旦離れ、こちらの作品ではふたつの青にさまざまなパネル状のものが配されています。
パネルの上に何かが置かれ(その「何か」はぎりぎりでそれが何であるか分かるようなかたちに表現されていて)、それらが微妙なパースで二つの画面同士が向かい合うようになっていて。
よく目を凝らすとさまざまな色彩が混ざり込んでいるそれぞれの青、それらが醸し出す無重量感も、なんだか不思議なシチュエーションを想起させてくれます。


千葉正也15 千葉正也14 千葉正也13 千葉正也12

千葉正也11



もっとも奥に展示された作品は、格別の臨場感が備わっているように感じられます。
壮大な背景、その前に置かれるクロスが掛けられた台と、たくさんの塑像群。あたかも今回の展覧会に出展された各作品に登場している塑像がオールスターで集まったかのような賑やかさ、しかしそこに漂う無機的な質感もそれぞれのかたちとは裏腹な風合いを、爽やかに、しかし鈍く放っているように感じられます。

それにしても、不思議な空間です。
若干うろ覚えのところもあるので申し訳ないのですが、千葉さんにお話を伺ったところ、まず背景となる風景を描き、今度はその自らの手によって景色が描かれた「絵画」を支持体とし、その前に並べられたオブジェ群を描いているのだそう。その過程を知ると、ひとつの画面に挿入されるふたつの距離感のギャップがそれぞれ強い臨場感を伴って伝わってきて、さらに、千葉さんが描く世界への興味深さが増すんです。


千葉正也19 千葉正也20 千葉正也18 千葉正也17


ひとつひとつのモチーフのしっかりとした写実性。
その写実力が、このふたつの現実をよりリアルに伝えてきます。
そして、そのふたつの現実が、「無関係」という要素も含めた様々な「関係」を生み出し、何とも言えない空間を創出しているんです。
一体どの距離感でこの世界に自身を投影させればいいのだろう...そう考えると、この作品からでしか得られないイメージがインスパイアされ、やはりその面白みへとはまり込んでいくような印象です。。


千葉正也16



千葉さんの作品を拝見するのはもちろん今回が初めてではなく、特にトーキョーワンダーサイト渋谷でのグループショーと、昨年のVOCA展が印象に残っているのですが(もとい、おそらく千葉さんの作品を意識して拝見したのはこの2度だけです)、TWSではもっとダークな印象を持ち、さらにVOCA展出品作品はアクロバティックな質感のインパクトを思い出します。
しかし、今回の個展で拝見して、予想以上、というか予想外にも明るく爽やかな色調をキャッチした次第で。
すべての作品に挿入されるオブジェの白が画面全体にもたらすアクセントもそういう印象を抱かせるのかもしれないのですが、その白さはそのオブジェの意味を墓石的なモニュメントのようにも、またユーモラスなものにも転化させ、さらに背景のさまざまな色彩を引き立てているようにも思えるんです。

今週末に開催されるART@AGNESのシュウゴアーツのゲストルームは千葉さんの個展形式となる模様で、さらにそれに合わせ、本展覧会も日曜日に臨時開廊されるとのこと。
それぞれの空間で独特の響きをもたらす千葉さんの世界、あらためてじっくりと体感したいです。


千葉正也08
posted by makuuchi at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック