news

upcoming exhibiton

current exhibiton
照井譲「On Planes」
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
4/14(土)〜4/30(月)月火水休(4/30開廊)
12:00〜18:00(4/20:16:00〜)
プレスリリース

Yuzuru Terui “On Planes”
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, CHiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
14 April(Sat)〜30 April(Mon)closed on Mondays, Tuesdays, and Wednesdays(30 Apr is open)
12:00〜18:00(4/20:16:00〜)
press releace

past exhibiton

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
MORITAKAとシェア)(google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
(sharing the space with MORITAKA)(google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2008年09月25日

review:伊藤雅恵 個展《9/20》

伊藤雅恵 個展
NODA CONTEMPORARY
愛知県名古屋市中区栄3-32-9
9/4(木)〜9/27(土)日祝休
11:00〜19:00
伊藤雅恵080904.jpg

Masae Ito exhibition
NODA CONTEMPORARY
3-32-9,Sakae,Naka-ku,Nagoya-shi,Aichi-ken
9/4(Thu)-9/27(Sat) closed on Sunday and national holiday
11:00-19:00
Google Translate(to English)



噎せ返るような、色彩の臨場感。


NODA CONTEMPORARYでの伊藤雅恵さんの個展です。
今年のVOCA展と鎌倉画廊でのグループ展で作品を拝見し、筆致としては特別なことをやっているわけではない、実に原始的な筆の運びによって描き出される色彩の重なりは、シンプルなアプローチだからこそ引き出される力強さが鮮烈に現れ、イマジネーションをぐんと膨らませてくれるような印象です。


伊藤雅恵001



膨らみ広がっていく色彩、そして、画面に閃光をもたらすような刹那的な筆跡。
画面を彩る色彩のひとつひとつが持つ本来の力が高い純度で引き出されたような感じで、それぞれ素晴らしくフレッシュで、煌々とした艶やかさを放ち、エネルギッシュに他の色彩とかかわり合って、刹那的な美しさを奏でます。
尋常でない力強さを放つ赤、目にした瞬間にそれが咲き誇る花の姿に変わって、その瞬間の美と、瞬間だからこそ放出されるエネルギーのようなものの存在が臨場感たっぷりに伝わってくるような感じです。


伊藤雅恵002



空を思わせる青、そして木々の新緑を思い起こさせる緑。
さらには咲く花の、その瞬間の美を謳歌するかのようなおおらかさを感じさせてくれる、勢いに満ちた白。
この爽快感に満ちあふれた光景を眺めていると、ポジティブなイメージがぐんぐんと心のなかに育ち、膨らんでいきます。


伊藤雅恵003



至近で眺めた時に立ち上がってくる抽象性と、距離をおいて作品全体を俯瞰した時に惹起される鮮やかな景色のイメージ、そのギャップもたいへん興味深く感じられます。
画面に対して振り降ろされるような筆のストロークの痕の生々しさが放つ力強い存在感は、俯瞰した時のポジティブな臨場感とはまた違うエネルギーに満ち、意識が更に、ぐんと画面のミニマムな響きに引き寄せられていきます。


伊藤雅恵004

伊藤雅恵006



高揚の絶頂に沸き起こるエネルギーというか、絵のなかに収められたさまざまな要素が外側へと向かうあらゆるベクトルに作用し、鑑賞者の感性を元気な方向へと煽るような感触がとにかく清々しく、かつ痛快です。
どこまでも続く、生命のエネルギーの爆発の連鎖。そういった鮮烈なダイナミズムがさまざまなサイズの画面から発せられているような印象です。


伊藤雅恵005
posted by makuuchi at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック