《news》

《upcoming exhibiton》
「S-2Ds」
飯島夏香、井上七海、坂本睦美
@ex-chamber museum
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
070-5567-1513
7/5(土)〜7/19(日)月火水休
12:00〜18:00(7/10(金)は14:00〜、7/17(金)は16:00〜 )

“S-2Ds”
Natsuko Iijima, Nanami Inoue, Mutsumi Sakamoto
@ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
81-70-5567-1513
July 4(Sat)〜July 19(Sun) closed on Mondays to Wednesdays
12:00〜18:00 (July 10(Fri): 14:00〜, July 17(Fri): 16:00〜)


《current exhibiton》

《past exhibiton》

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
小坂学 Manabu Kosaka
後藤勇治 Yuji Goto
坂本睦美 Mutsumi Sakamoto
佐藤明日香 Asuka Satow
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
照井譲 Yuzuru Terui
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2008年08月14日

review:Midsummer Show 2008 -10 emerging artists-《8/9》

Midsummer Show 2008 -10 emerging artists-
Azabu Art Salon Tokyo
東京都港区麻布十番1-5-10
8/1(金)〜8/22(金)日月休
12:00〜19:00
AZABU 080801.jpg

Midsummer Show 2008 -10 emerging artists-
Azabu Art Salon Tokyo
1-5-10,Azabujuban,Minato-ku,Tokyo
8/1(Fri)-8/22(Fri) closed on Sunday and Monday
12:00-19:00
Google Translate(to English)


10名のユニークなアーティストがピックアップされたショーケース的な展覧会です。
アーティストによっては今年の卒業・修了制作で発表された作品の再登場もあり、それに再び、卒業修了展示と比較すると格段に余裕がある空間で再び観られるのも嬉しい限りです。



先日の文京アートでの個展も面白かった麻生知子さん。
これまでも折りに触れて拝見しているアーティストですが、ありふれた、あまりにありふれた日常を

そこ、そうやって切り取るか!Σ( ̄口 ̄;)

とおおいにツッコミを入れたくなるようなかたちで提示するスタイルがさらに進化し、今回出品された3点はこれまで以上にケッタイな感触が堪らない!


麻生知子202

麻生知子201


中村恭子さんは、ご自身のライフワークでもある蘭とのかかわりの延長として制作されたような、蘭をモチーフに描いた作品です。
とにかくこの表現力と渋い色調とに魅入られます。
ゆたかな弧を描く花弁の稜線、蜘蛛、蝿と、虫の形へと進化した花のフォルムのどうしようもなく魅力的な妖しさ。
拝見することができて嬉しい、特別な雰囲気を持った作品です。


中村恭子04 中村恭子02 中村恭子03

中村恭子01



谷下田朋美さんの油画は、日本の油画としてのクラシカルな雰囲気を今に再現したような感触がまず印象に残ります。
何度も重ねられた筆のストロークの痕跡が独特なテクスチャーを編み出し、鈍く渋い色彩感が奏でる独特な味わいが、連綿と続くストレートアヘッドなオイルペインティングらしい深みをもたらしているように感じられます。
描かれるシーンはクラシカルな雰囲気と同時に、双子葉もなく妖しい感触が伝わり、それによるコントロールされた混沌が存在しているように思えます。


谷下田朋美03 谷下田朋美04 谷下田朋美02 谷下田朋美05

谷下田朋美01



今回唯一の立体作家、松下由紀子さん。
堂々とした存在感で強烈に濃厚なインパクトを放つ、重鈍な木彫作品が鎮座しています。
どこか滑稽な風味も滲ませつつ、重たい妖しさを充満させる独特な表情。そして何より、自らの髪を鋏で切る仕草の重々しさは、ぐっと力づくでこの世界に観る人の意識を引き込んでいきます。
現代の木彫の面白さをふんだんに備えたクリエイション。ぜひ、他の作品も拝見してみたいです。


松下由紀子04 松下由紀子02 松下由紀子03

松下由紀子01



枝史織さんの横長の大作は尋常でない迫力を醸し出しています。
深く重厚な、しかし乾いた色調。そこに描かれる光景は、さまざまな動物たちや人間の姿を織り込みながら、巨大な建造物のなかで綴られるゆったりとした時間の流れを奏でているように感じられます。
独特の静謐感を放ちながら、緻密な筆致でおおらかに放たれる壮大なダイナミズムに、思わず言葉を失って見入ってしまいます。


枝史織02 枝史織03 枝史織04 枝史織05

枝史織01



今年のトーキョーワンダーウォールで初めて拝見して強く印象に残った国本泰英さん。
落ち着いた淡いベージュを背景に、水着の子供達のシルエットが描かれた作品が2点出品されています。


国本泰英01


用いられる色彩ひとつひとつは沈み込むような落ち着きを保ちながら、全体として、実に鮮やかな「キレ」を感じさせてくれます。
シルエットのシャープさと、そのシルエットを至近で眺めるとなめらかなグラデーションではなく、微妙な階調が施されていて驚かされます。


国本泰英03 国本泰英04

国本泰英02



他、日本画の松岡歩さん、菅かおるさん、直近に迫るPepper's Galleryでの個展も楽しみな山田彩加さんの緻密なリトグラフ、画廊るたんでのグループショーでも同日に拝見したタケイチユリさんの作品も出品されています。
それぞれに、今後の展開が楽しみなクリエイションです。
posted by makuuchi at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック