news

upcoming exhibiton
current exhibiton
past exhibiton

ex-chamber museum
http://ex-chamber.seesaa.net
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205a
Gallery Jinとシェア)(google map
tel: 070-5567-1513
mail: exchamber@yahoo.co.jp
インフォメーション

ex-chamber museum
3331 Arts Chiyoda 205a, 6-11-14, Soto-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
(sharing the space with Gallery Jin)(google map
mail: exchamber@yahoo.co.jp
information

artists
伊藤航 Wataru Ito
小野川直樹 Naoki Onogawa
佐藤明日香 Asuka Satow
須賀悠介 Yusuke Suga
勢藤明紗子 Asako Setoh
田島大介 Daisuke Tajima
鶴友那 Yuna Tsuru
平山紗代  Sayo Hirayama
山口英紀 Hidenori Yamaguchi

new articles

2008年03月29日

review:谷口ナツコ展《3/21、3/22》

谷口ナツコ展
Gallery Teo
東京都品川区東五反田2-5-15-3F
3/21(金)〜4/19(土)日月祝休
11:00〜19:00
谷口ナツコ080321.jpg

Natsuko Taniguchi exhibition
2-5-15-3F,Higashi-gotanda.Shinagawa-ku,Tokyo
3/21(Fri)-4/19(Sat) closed on Sunday,Mondayu and national holiday
12:00-19:00
Google Translate(to English)



このサイズにしてこの密度。
圧巻の絢爛世界。



Gallery Teoでの谷口ナツコさんの個展です。
作品を前にすると立ち止まらざるを得ないほど、溢れるような色彩感と独特の手法による緻密な立体感が視界を占め、めくるめく世界が展開していきます。


谷口ナツコ07



この立体的な作り込みに対しては、言葉を失います。
とにかく凄い。凄すぎる。
おおらかでヴィヴィッドなな色彩で、画面から立ち上がる線やドットがすべて緻密に盛り上げられ、鮮烈なカオスを生み出しています。


谷口ナツコ02 谷口ナツコ06

谷口ナツコ03 谷口ナツコ05 谷口ナツコ04

谷口ナツコ01



至近で眺めたときの立体感の見事さのインパクトにぐんぐんと意識が呑み込まれていくのを実感すると同時に、画面全体が放つグロテスクな光景にも強烈なインパクトを感じます。
相当に生々しいモチーフが描き上げられているのですが、充分に広い画面であってもそこに収まりきれていないパワーに圧倒されるような気がします。


谷口ナツコ09 谷口ナツコ11 谷口ナツコ10

谷口ナツコ08



これほどまでに作り込まれた作品を、充分な距離を持って眺められるのはホントに贅沢だなぁ、と。
画面から盛り上がっている絵の具の立体感が僅かな影を生み出し、おそらく時間帯によって、あるい照明によっても表情を変化させ、それを画面全体からはな垂れルダイナミックな光景として味わえるのは、貴重です。
初日は夜に、翌土曜日は午後に伺ったのですが、自然光が入る時間帯はそのヴィヴィッドさがさらに押し出されたような印象で、陽が落ちた時間だと蛍光灯の明かりに照らされて、その危うさが鮮明に感じられたような印象を受けた次第です。


谷口ナツコ12



ふたつあるスペースのうちの奥のほうでは、複数のパネルを組み上げてちいさなハウス型のインスタレーションが2点出品されています。
無論、その迫力がより増して、相当な凄みを立ちのぼらせています。

1点は、床面に鏡面が取り入れられ、なんとも不思議な空間を構築しています。
足元深くへも続いていく、絢爛の色彩で繰り広げられる圧巻の装飾。
また、さらに大きく、そして複雑に組み上げられた画面のなかに注ぎ込まれた過剰な情報が絡み合い、混沌としたストーリーをつくり出しています。それが床面に反転して広がっているから、その混沌具合がさらに加速し、なんだかとんでもないことに...。


谷口ナツコ15 谷口ナツコ17

谷口ナツコ16 谷口ナツコ14

谷口ナツコ13



もう1点も凄まじい...。
壁全体を彩る鮮やかな赤のインパクトもさることながら、妖しげな装飾がうねるような動きをダイナミックに生み出し、その真ん中に奇妙な佇まいの女の子らしき後ろ姿があって、また相当にヤバい伝奇的なストーリーがそこで繰り広げられているように感じられます。
このスケール感は、ずいぶん前に読んでハマった高橋克彦の「総門谷R」の一連のシリーズを思い出してしまいます。


谷口ナツコ21 谷口ナツコ24 谷口ナツコ25

谷口ナツコ22 谷口ナツコ20 谷口ナツコ23

谷口ナツコ19



百聞は一見に如かず、この迫力を実際に目にして体感してほしい展覧会です!


谷口ナツコ18
posted by makuuchi at 11:09| Comment(0) | TrackBack(1) | review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする